バンコクの中心部で起きた爆発事故はテロの可能性

外国人観光客も集まるサイアムパラゴン
外国人観光客も集まるサイアムパラゴン

2月1日20:00頃、バンコクBTS(高架鉄道)のサイアム駅で突如爆発事故が発生した。

変圧器ではなく、手榴弾による爆発

当時、この騒動を地元メディアでは変圧器の爆発と報じた。しかし、その後の警察の取り調べで手製の時限爆弾と思われる破片が見つかり、不意な事故ではなく、何者かが仕かけたテロ的行為の可能性が高まった。

タイは現在、弾劾裁判でのインラック前首相の有罪判決が下っており、一部の支持者グループは一時的に強硬的な動きを見せていた。これらの反政力の動きに関してプラユット首相は、先日の記者会見の場で「軍として確実に反政グループを抑えつける」という強い意思を国民に訴えていたばかり。

そういったタイミングが続いただけに、ことの真相が気になるところ・・・

SOURCE:cnn and truelife

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で