タイで最も監視カメラが付いている場所で爆発事件が発生

バンコク中心部で爆発事件が発生
バンコク中心部で爆発事件が発生

バンコク中心部の有名な観光スポット付近で爆発

外国人観光客も行き来するバンコク中心部のラチャプラソン交差点で17日夜、突如爆発が発生し、これまでに12人以上が死亡し81人以上が負傷したとのことです。爆発直後、現場には破壊されたオートバイや人の一部が散々し、複数のパトカーと救急車で騒々しい状況だったという。

安全地帯での爆発、警察・地元メディアも大混乱

爆発は何者かが仕掛けた爆弾によるものだとしてタイ警察が現在も捜査をすすめている。しかし、それもまだ不確定な情報で複数のメディアもそれぞれ異なった情報を発信している状態・・・

外国人観光客に人気のエラワン・プーム付近はタイで最も監視カメラ(約1,500台)が設置されており、1番安全なエリアと言われていた。

21:30現在、中心部を走る高架鉄道(BTS)は通常運行しているが、バンコク都内の学校は明日臨時休校することを決めた。気をつけようのない突然の爆発事件ではあるが、ここ数日間は繁華街に行くことは避けたほうが無難だと思われます。

source:dailynews

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で