騒然!巨大旅客機が田園のど真ん中に出現!

Last updated:

巨大旅客機がチャイナート県の田園のど真ん中に出現した。取材班が調査を進める内に明らかになった事は、この地域に住む著名な実業家が博物館兼おとぎの国リゾート建設の為にオークションでこの旅客機を購入したとの事である。

2018年7月5日 取材班はチャイナート県で撮影された巨大旅客機が田園のど真ん中に停泊する様子を映した写真が現在ネット上で大きな話題となっていると報告した。フェイスブック上のタイムラインでは多くの人がこの旅客機は一体どこにあるのか?一般の人でも見学に行く事は可能なのか?など様々な疑問や憶測が飛び交っている。

巨大旅客機が田園のど真ん中に

取材班が調査を進めていく中で遂に上述の旅客機が停泊する場所を突き止めた。そこで現地を実際に訪れて調査を続ける事にした。その場所はチャイナート県チャイナート郡バーングルアイ区 ムー・6にある。早速目的地に到着すると、写真と同じ巨大旅客機が田園のど真ん中に周囲から大きく目立った様子で停泊しているのを発見した。

取材班は巨大旅客機を近くで撮影するのにこの土地を管理するソムチャイ・プーキアオ氏にお会いしてお話を伺う事になった。

持ち主はチャイナート県の著名実業家

ソムチャイ氏の話によると、この巨大旅客機はチャイナート県の著名実業家の所有物であり、機内のエンジンや通信機器等を外した状態の旅客機をオークションで購入したとの事である。その使用目的は、モトクロスの試合会場・フットボール場、博物館、おとぎの国リゾート、イベント会場、そして宿泊施設等の複合型施設の建設を検討しているとの事である

しかし現在はまだ土地の準備を進めている段階で、危険防止の為、一般の方が近くで自由に立ち入って見学する事は出来ないという。遠くからの撮影は可能で、ここ数日連日多くの人が写真の撮影に来ているという。

TAKAの一言:
チャイナート県はバンコクから2時間半と決して近くはないが、この場所はタイ人にとって新たなインスタ映えスポットになるかもしれない。チャイナート県を訪れる際は是非足を運んでみようと思う。

source:mthai

あなたにオススメの3本
タイで「女性専用車両」ならぬ「女性専用タクシー」計画が進行中・・・... 恐喝、レイプ、時に殺人にまで発展するタイ国内のタクシートラブル。未だ報告が絶えないタイのタクシートラブルに対してタイの国土交通省のAssanatai Rattanadilok副所長は、新たな取組として「女性専用タクシー」の計画を進めていることを発表した。 ...
タイ バンコクに期間限定店のBEAMS 100 DAYS STOREがオープン... 1976年に創業し、輸入及びオリジナルの衣料品や雑貨を販売するセレクトショップを展開する「BEAMS」は、11月27日(水)、約100日間の期間限定店舗「BEAMS 100 DAYS STORE」をバンコクにオープンします。 タイ初の同店は、バンコクの大...
バンコクでトラック暴走!日系企業の配達員が容疑者確保に協力... 21日午後、バンコク都内のエカマイ通りで突然トラックが暴走し、自動車30台、バイク6台を巻き込む事件が発生した。 容疑者確保に協力した日系企業の配達員 下記は一般人が撮影した容疑者確保の瞬間映像。警察や一般人の怒号が飛び交う中でひときわ目立って...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
27回目-バンバンバンコク
第27回 タイの水かけ祭りソンクランを100倍楽しむ方法