,

タイに迷い込んだ未来のIT系駐在員を描いた作品!?「TRUE SKIN」

SF風のバンコクを描いた作品「TRUE SKIN」
SF風のバンコクを描いた作品「TRUE SKIN」

Emporium2、Central Embassyなど、近年のバンコクは近未来型の建物が増え続けている。しかし、その中で唯一機械的バージョンアップをしていないのは人間自身・・・今回の紹介する動画は近未来のバンコク描いた作品「TURUE SKIN」。

タイ バンコクを舞台にした高品質なSF動画

アンドロイドと化した男が”世界を変える特殊チップ”を自国から盗み出しタイのバンコクへと逃げ込んだ・・・仮想未来の世界表現しながらも、実在するバンコクの「パッポン通り」や「タニヤ通り」を描写、未来的且つ現代的なタイの夜の世界を描いた6分12秒の映像です。

クリエイター向けの動画サイトVIMEOで「STAFF PICK」という栄誉ある賞を獲得、米ワーナーブラザーズが販売権を購入した事も話題となりました。

土臭くも日々進化を遂げる大都市バンコクの意味深な未来を一度ご覧ください。


日本語字幕のYOUTUBE版

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by Ken

Ken

北海道のド田舎に育ち、札幌、東京、カナダ、アメリカ、タイ、ラオス、カンボジア、シンガポール、マレーシア、香港、中国、ベトナム、スイスを体験。酒で語らず珈琲で喋る

サッカー日泰戦を振り返る「ドーハの悲劇」はタイ戦から

カップ焼きそば一平ちゃんにグリーンカレー味

最近人気のタイ風カップ麺!今度はグリーンカレー焼きそば