,

タイのトヨタがバンコクに「スマホ中毒者歩道」を設置

スマホ中毒専用レーン設置
スマホ中毒専用レーン設置

今やタイの小中学生でもスマートフォンを持つ時代・・・そんな中で今回、タイのトヨタが協力してバンコク都内の大学内に「スマホ中毒者歩道」が設置されました。

500メートルのスマホ中毒専用歩道

設置された”スマホ中毒歩道”は約500メートル。スマホを持たない歩行者とスマホを見ながら歩く2つのレーンに分かれている。

カセサート大学に設置されたスマホ中毒歩道
カセサート大学に設置されたスマホ中毒歩道

一見、悪ふざけにみえる変わった取り組み。しかし、このプロジェクトはカセサート大学の経済学部が提案し、トヨタがバックアップのもとで進められている社会実験プロジェクト。数週間の試験期間を通じて歩行者の交通ルールや交通標識への意識など測定するというもの。

アメリカや中国でも実施されてる

同プロジェクトは以前にアメリカのワシントンDCや中国でも行われており、大半の歩行者はスマートフォンに夢中で注意書きにすら気が付かないという結果が出ている。

SNS大国バンコクではどういった結果となるのか・・・

ワシントンDCのスマホ中毒歩道
ワシントンDCのスマホ中毒歩道

source:nationmultimedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by anngle

anngle

常に新たな角度を模索しつつ、これまでにないWebマガジンを作るために、命をかけてanngle(anngle th)らしい企画や、ネタ管理を行なっております。当サイトを読んだ読者のみなさまに新たな発想や、好奇心が湧きますように願う日々。

anngleのページ内にコメントを残す