,

首長族もチャリで走る!タイがサイクリングで世界記録達成

タイが集団サイクリングでギネス達成!

7月16日(日曜日)、タイのシリキット王妃が83歳の誕生日を迎えたことを祝して、タイ政府主催のサイクリングイベント「バイク・フォー・マム」がタイ全国で開催されました。

集団サイクリングのギネス記録達成

同イベントではシリキット王妃の誕生日祝賀と同時に、国内各地で総距離43キロを走る集団サイクリングイベントとしてギネス世界記録も目指していた。結果は台湾の参加人数7万2919人をはるかに超える「146,266」人でギネス記録を見事に達成!タイ国内の各社マスコミも即日挙って報じています。

タイでのサイクリングブームと自転車の交通安全

タイ国内メディアは華やかに今回のイベントを報じています、一部では転倒による死亡事故が発生しており、パヤオ県で夫婦(63歳と30歳)が転倒して腕を骨折、プラチンブリ県で老人(83歳)が転倒して死亡、ナコーンシータンマラート県で男性(46歳)が転倒して死亡するなど、いくら交通整備をしても集団サイクリングは危険行為だという見解もあった。

空撮映像を見ても転倒者が一人いただけで、大惨事にもなりかねない激しさ。

最近の自転車ブームでバンコクにはサイクリングカフェも目立ち始め、政府サポートもとでアジア最大のサイクリングロードを開発する計画などもある。しかし、渋滞とバイクが激しいバンコクを走行する際は事故に巻き込まれないよう気をつけて走行しなくてはなりません。

source:thairath

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by Ken

Ken

北海道のド田舎に育ち、札幌、東京、カナダ、アメリカ、タイ、ラオス、カンボジア、シンガポール、マレーシア、香港、中国、ベトナム、スイスを体験。酒で語らず珈琲で喋る

anngleのページ内にコメントを残す