\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

極楽へ続く睡蓮池を求めてウドンタニーへ

ラオスとの国境に近いイサーンの街、ウドンタニー市内から40キロ強。一面に睡蓮の咲き乱れる池があります。ボートに乗って広い池のなかに浮かんでいると、とても静かな気持ちになります。ここはきっとあの世へ繋がっているに違いない、そんな気持ちになる風景です。

suiren
ボートの通り道ができていて、それがさらに「どこかへ通じている」ような気持ちにさせてくれます。

ここの睡蓮は、庭先で育てられている睡蓮などに比べるとずっとしっかりした茎をもち、大輪の花を水面上までもちあげています。見渡す限りの水面を埋め尽くす睡蓮すれすれのところを、小さな鳥たちが音もなく飛び回り、芥川龍之介の蜘蛛の糸の冒頭でお釈迦様が散歩していたのも、こんな池のほとりだったのかもしれない、なんて想いが浮かんできます。

suiren-pink
一面の睡蓮はほとんど全てこのショッキングピンク色のお花。ほかにわずかながら蓮も見られます。

睡蓮は朝日とともに咲き始め午前11時頃には閉じはじめてしまいますので、朝早く行くことをお勧めします。また、見頃はこれから、12月から2月頃まで。これからしばらくタイ北部は朝晩の気温がずいぶん下がり、日中も過ごしやすい日々が続きます。早朝に出かける際には、長袖の上着をお忘れなく。

タレーブアデーン

ウドンタニ市内から約40キロ(地図はこちら)。
ボートは45分コースが300B、1時間半コースが500バーツ。
見頃は12月から2月ころまで、午前6時から11時頃。

オススメ記事
マラリア―ちょっとは知っておきたい「タイの病気」シリーズ。第2巻... マラリア原虫が血中に侵入 夜明けから日没までに活動するハダマラカを介して単細胞生物であるマラリア原虫が血中に侵入することで引き起こされる感染症。前回のデング熱が、昼間に活動するヤブカを媒介するウイルス性であるのと大きく異なる。年間の感染者数は世界全体で3~5...
その他の感染症―ちょっとは知っておきたい「タイの病気」シリーズ。第5巻... 短期連載シリーズ「タイの病気」もそろそろ後半戦。デング熱、マラリア、狂犬病、ウイルス性肝炎と続いた今回は、その他の感染症を一挙紹介!(主なものは解説も) 日本でも馴染みのある「インフルエンザ」 インフルエンザウイルスにはA、B、Cの3型...
タイ国内で販売されている栄養ドリンクまとめ サワディーカー。本日はブレズ薬局スタッフのエミィ(AMMY)がお送り致します。 突然ですが皆さま、タイでもレッドブルがご購入頂けるのはご存知でしたか? 日本でレッドブルと言えば、300円前後と、ちょっとした高級品だそうですね。 タイでの値段は、約2...
変動相場制移行のミャンマー、旅行の際は為替情報にご注意を!... 民主化が進み、観光地としても注目されるようになったミャンマー。年間の外国人観光客は35万人にも及び、隣国タイからも近くて遠かった未開の地を一目見ようと、5万人近い観光客が訪れている。ところが、4月に始まった変動相場制への移行を知らず、思わぬ不利なレートで通貨を...
よく見られてる一本
タイのビンテージコレクター
タイにいる地球上のビンテージデニムを買い漁るコレクター