\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイで食べ過ぎた際に効く薬

Last updated:

サワッディーカー!ブレズ薬局スタッフのAMMY(エミィ)と申します。前回、解熱薬をご紹介しました薬剤師のNuchyと一緒にブレズ薬局の運営に携わっています。

さて、今回ご紹介するのは食べ過ぎ・飲み過ぎたときに飲んで頂くお薬です。

暑い国に来るとビールが美味しいと言いますよね?ついつい、いつもより多く飲んだり食べたりしてしまうもの。そんなときって、ありません?本日は、そんなときに皆さまのお身体をケアするお薬をご紹介します!

飲み過ぎや食べ過ぎに効く「ガビスコン(GAVISCON)」という薬です。

食べ過ぎや飲み過ぎから来る胃もたれ感や胃のむかつきといった気持ち悪さは、胃に負担がかかっているときに発生するもの。
胃に負担がかかるケースと言えば…
・アルコールを過度に摂取したとき
・脂肪が多いものを食べたとき
・早食いをしたとき

今回ご紹介します”ガビスコン”はこの様な状況になったときに、胃の中で過度に発生した胃酸を抑え、かつ胃の中にある食べものの消化を助けます。

すると、胃の負担が軽減され、気持ち悪さが抑えられるというわけです。ちなみに、飲むタイプ以外にも、錠剤タイプもあります。それぞれ同じ作用を持ちますが、タブレットよりも液体の方が早く効く特徴があるため、個人的には液体タイプの方がオススメです。

ただし、ガビスコン液体タイプを服用される際の注意点がひとつだけ。液体ガビスコンはあまり美味しくないです。我慢して一気にお飲み下さいね。

以上、本日は飲み過ぎ食べ過ぎに効く薬、ガビスコンをご紹介しました。
チョークディーカー。

株式会社ブレズ・アジア(BLEZ ASIA CO., LTD.)
バンコク・アソークにある「ブレズ薬局」の事業会社。2012年5月設立。薬剤師1人、常勤スタッフ2人。営業時間は午前9時から午後11時。年中無休。URLは次のとおり。
http://www.blez-web.com/index.php

こちらの記事どうぞ
その他の感染症―ちょっとは知っておきたい「タイの病気」シリーズ。第5巻... 短期連載シリーズ「タイの病気」もそろそろ後半戦。デング熱、マラリア、狂犬病、ウイルス性肝炎と続いた今回は、その他の感染症を一挙紹介!(主なものは解説も) 日本でも馴染みのある「インフルエンザ」 インフルエンザウイルスにはA、B、Cの3型...
タイの国際空港で確実に待ち合わせを成功させる方法... タイの空の玄関口「スワンナプーム国際空港」 日本からタイへ来る人はほとんどの人が航空機での来タイするだろう。その、空の玄関口がスワンナプーム国際空港(Suvarnabhumi International Airport)である。 簡単に空港の説明をする...
チェンマイのロイクラトン、イーペン祭りは11月5日から7日まで... 毎年、陰暦12月の満月の夜にタイ全土で行われるロイクラトン。チェンマイでは5日間かけて盛大にお祝いします。今年は11月5日から7日までの3日間。 チェンマイのロイクラトン祭りはイーペン祭りと呼ばれ、ここチェンマイでも、タイ全土で行われるように、ろうそくや...
今、バンコク旅行者にパヤタイをおすすめする3つの理由!... エアポートリンクとBTSスカイトレインが通るパヤタイ駅。そんなパヤタイがここ一年でおしゃれな「ホステルの街」へと変化しつつあります。今パヤタイがアツい! 今回は宿泊するならパヤタイをおススメしたい理由をまとめてみました。 1.空港⇔ホテル間の移動が...
よく見られてる一本
タル島でシュノーケリング中に全長4m超のジンベエザメに遭遇