タイとカンボジアを結ぶ鉄道が45年ぶりに再開予定!!!

タイとカンボジアを繋ぐ計画 旅行・冒険

タイとカンボジアはタイとカンボジアの首都プノンペンとを結ぶ鉄道を45年ぶりに再開すると発表した。

タイ国営放送局はタイとカンボジアがタイとカンボジアの首都プノンペンを結ぶ鉄道をカンボジア内戦が起きる前の1960年代から実に45年ぶりに再開すると発表した。9年前の2009年にアジア開発銀行が上述の鉄道路線拡張の為におよそ1300万ドルの資金援助を行った。この路線が開通すればタイとカンボジア間の移動時間の短縮、両国間の更なる商業の活性化が見込まれる。

一方、カンボジア運輸省のスン・チャントーン大臣は先日カンボジアのポティサット県から首都プノンペンを結ぶ路線の走行試験を行ったと発表した。この路線はカンボジア〜タイを結ぶ路線の最後の部分である。現在はまだ両国間で路線運行の最終的な合意までには至っていないが、近いうちに合意に至ることが見込まれる。

TAKAの一言
1970年代の内戦でカンボジア国内のインフラは壊滅し、またポル=ポト政権の大量の知識人虐殺で国の発展が大きく遅れたが、最近徐々に復旧が進んでいる。今年4月にはカンボジア鉄道北線のタイ国境接続部のポイペト~シソポン間の改修が完工し、また、今回の路線開通により、タイ・バンコク~カンボジア・プノンペン間が電車で移動出来るようになる。つまり、タイ~カンボジア間が国際列車で旅行できる日はもう間近に迫っているといえるだろう。そうすればカンボジアはタイにとってより身近な国になるかもしれない。

source:mthai

おすすめ関連記事
Chatwork
the giving town
沖縄観光コンベンションビューロー
Tokyu Paradise Park
横浜
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
traveloka
yonezawashow10
星野リゾート トマム
レオンテクノロジー
ワッペン堂