,

タイ国内初のガラスの遊歩道が完成間近

ノンカーイ

タイの東北地方で国内初となるスカイウォーク(ガラスの歩道)の建設が大詰めをむかえている。

タイ発!ガラスの遊歩道

スカイウォークと呼ばれるガラス製の遊歩道を設置したのは、ノーンカーイ県の標高500mにあるお寺「ワット・タートタク」。U時型のスカイウォークは先端までの距離が6メートルで、一度に20人まで乗ることが可能(耐荷重量2.5t)。

U字形のガラスの遊歩道
U字形のガラスの遊歩道

安全対策は完璧!?

同施設は厚さ4センチの特殊強化ガラスなどが採用されており安全面に関しては問題ないとのこと。設置費用は1700万バーツ(約5,200万円)で、ノーンカーイ県の新たな目玉観光として注目されている。

5人のスタッフ
5人のスタッフ
工事の様子
工事の様子

source:bangkokscoop

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by anngle

anngle

常に新たな角度を模索しつつ、これまでにないWebマガジンを作るために、命をかけてanngle(anngle th)らしい企画や、ネタ管理を行なっております。当サイトを読んだ読者のみなさまに新たな発想や、好奇心が湧きますように願う日々。

anngleのページ内にコメントを残す