バンコク市民の台所、深夜のクロントイ市場へ潜入!

©tejalrao
©tejalrao

タイに住み始めたころ、大家さんに言われた事がある。「クロントイ市場には近づくな!」。なんでもそこには港湾労働者の住むスラムがあり、バンコク中の荒くれ者たちが集まる危険地帯なので、言葉もわからない外国人が近づいて良い場所ではないとのことでした。当時読んだバンコクが舞台のハードボイルド犯罪小説の名作「マンゴーレイン」にも出てくるので、香港の九龍城のようなおそろしい場所と認識していました。

あれから早6年、そろそろタイ在住素人の域を抜けてきた頃合いなので一番市場が盛り上がる深夜のクロントイ市場へ潜入捜査してきました。

お祭りのような肉エリア。地面は血と謎の汁でグチョグチョ!
わりと清潔な野菜売り場。少ない量でも買えるカット野菜。

新鮮で安い食材の山

ここは、食材ならば何でも集まる生鮮色市場。価格帯は、某日系スーパーの半額~1/10と超リーズナブル!昼間も小売店が一般向けに販売もしていますが、一番盛り上がるのは夜11時を過ぎたあたりから明け方までの飲食業のプロの時間帯。お祭りの屋台のように肉や野菜が所狭しと並んでいます。プロの時間帯と言っても基本的には誰でも買えますのでご安心を。

値段表記は大体がキロ単位や束単位。買い方のコツは欲しい値段を言えば取り分けてくれますが、基本的にプロの卸売り向けなので、少量ではお店によっては舌打ちされて無視されます。野菜類は特に格安なので、購入する際は注意が必要。以前よくわかってない頃オクラを20B分購入したところ1㎏10Bと恐ろしく安い時期で2Kgも買ってしまい途方に暮れたことがあります。

少量欲しい場合は、天井の付いた建物の中に食材を刻んで売ってる店が何件かありますのでそこへ行った方が無難。多少割高ではありますが、これが意外と便利。カレーを大量に作る場合などジャガイモ、ニンジン、玉ねぎの刻んだ物と鶏肉を買って帰って炒めて煮込むだけと非常に便利でお勧めデス。

クロントイ市場お勧めBグル!ぶっかけ飯はスープ付き50B,飲み物25B と格安!

市場ならではのB級グルメ

市場と言えば市場飯!ここにもいろんなB級グルメの名店があります。お勧めはカオマンガイとぶっかけ飯、そして最近出来たドリンク屋のタイ・アイスティー!カオマンガイはピンクの店よりもおいしく、ぶっかけ飯は午後1時頃が出来立てホカホカでねらい目。アイスティーは1杯25Bと格安かつミルク多めでかなりいけてますよ。

(左)市場と言えばネコ!(中)カラフルなエプロンと長靴(右)カモフラ・ゴム長を発見149B!

その他生活雑貨などいろいろ

ココは食材だけでなく雑貨も面白い。いろんな竹製品やプロの使うエプロンなどが格安で販売されています。市場めぐりが好きな人にぜひ購入して欲しいのが「ゴム長靴」。そこいら中がいろんな種類の汁垂れ流しでかなり気持ち悪いのでゴム長は必須。ここなら本格的なものから色とりどりの可愛い物まで何でもそろいます。今回かなりレアなカモフラージュ柄を発見しましたので即GETしました!

非常に活気あふれる場所で、店の人も基本的には優しく危険な感じはありませんが、本来はプロが大量に仕入れをする場所なので、少々殺気立ってる人もいまして、キャーキャー騒いだり、フラフラ写真撮ったりしてると台車に惹かれたり肉汁をぶっかけられたりしますので、ご注意を。生きた地鶏解体や豚の死体を担いで搬入などショッキングな場所もありますので、タイ在住素人は近づかない方がいいかもね。

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で