タイ最大の生産地!ロッブリー県の巨大ひまわり畑

タイ最大規模のひまわり畑
タイ最大規模のひまわり畑

ひまわりといえば、日本では夏に咲く花の代名詞だよね。太陽に向かって力強く咲くひまわりは、万人の心を勇気づけて明るくさせる。そんなひまわりを飽きるほど眺めたい!360度ひまわりに囲まれてみたい!という人にうってつけなのが、タイのロッブリーにある、ひまわり畑。ってことで、今回はロッブリーのひまわり畑を紹介するよ!

ロッブリー県にあるひまわり畑

バンコクから車で2時間程度離れた、ロッブリー県からサラブリー県にかけて、ひまわり畑は広がっているよ。ひまわり農家がたくさん点在しているので、何箇所か回ることもできるんだ。タイ人に説明する場合は、ทุ่งทานตะวัน(トゥンターンタワン)というと通じやすいよ。ではさっそく行ってみよう!

ロッブリーの食事処に行ってみた!

ひまわりは午後から暑さで首を垂れて元気がなくなってくるので、朝早く出るのがベスト!今回は7時にバンコクを出発したよ。2時間後、9時頃にロッブリー到着!さっそくひまわり畑に行きたいところだけど、お腹が空いたので、先に腹ごしらえ。この辺りは外国人向けのレストランはないので、ローカル向けの食事をするよ。

オススメ食堂「アイイム」外観
オススメ食堂「アイイム」外観

道のそこかしこに「クイッティアオ」や「ガイヤーン」といった手書きの看板が出てくるんだけど、全てタイ語。お店も分かりづらいので、比較的分かりやすくて美味しいローカル向けの食堂を紹介するね。アイイムというグラウンドに併設している「ร้านข้าวแกง ไออิ่ม(ラーンカーウゲーンアイイム)」って名前のお店。

ここのクイッティアオはニンニクが効いてて美味しい!そしてガイヤーンもジューシーで激ウマ!他のおかずも色々選べるよ。席も広くてトイレも併設しているので、休憩にはもってこいだよ。去年も今年も「香港人なのか?」と聞かれたので、日本人は来ないみたいだけど、こんなローカルなお店で食べるのも楽しいね。

心洗われる、広大なひまわり畑!

腹ごしらえがすんだら、目的のひまわり畑へ!この辺一帯、ひまわり畑がこそかしこにあるから、ひまわりが目に入ったら入ってみよう。入場料はどこも大体10Bだよ。

入り口は、どこもこんな感じ
入り口は、どこもこんな感じ

ひまわりと青い空のコントラスト。自然とは、なんて力強く美しいんだろう。自分の悩みなんてちっぽけでくだらないものなんだなって思ったよ。そして、そんなひまわり畑で商売をするタイ人達も、なんて力強いんだろう!

ってことで、まんまと引っかかってお土産選び。ひまわりの種やひまわり蜂蜜、ワインなんかも売っているよ。中でもオススメのお土産は「ひまわり日傘」。友人達に頼まれて、もう何本買っていったか分からないくらい買ったよ。女性には折りたたみの日傘、男性には一番大きいゴルフ用の日傘なんていかがだろう。喜ばれること請け合いだ!

イチオシのひまわり傘!お店のお姉さんもお茶目で可愛い
イチオシのひまわり傘!お店のお姉さんもお茶目で可愛い

今回は車で行ったロッブリーひまわり畑。バスや電車でも行けるから、行ってみてね。ひまわり畑は11月〜12月がベストシーズン!今年はちょうど今が見頃だったから、まだまだ間に合うよ!

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で