2017年完成!タイでアジア最長のサイクリングロードを計画中

タイでアジア1番のサイクリングロード計画
タイでアジア1番のサイクリングロード計画
旅行・冒険

タイでは3年ほど前から健康志向の流行と渋滞対策でサイクリングブームが起きている。そんな中でタイ政府は5つの都道府県を跨ぐサイクリングロードの計画を発表しました。

1500億バーツをかけたサイクリングロード

タイの国土交通省と地方自治体が手がけるサイクリングロード計画は184.4キロとアジア最長。総工費は15億バーツで工事の着工は2017年完成を目指して2016年から着工するとのことです。スタート地点はタマサート大学のスポーツセンター(国道3214線)で、アユタヤ県、アントーン県、シンブリー県を通過してゴールはチャイナート県のチャオプラヤーダムとなっている。

184.4キロのサイクリングロード

184.4キロのサイクリングロード

大小数カ所の休憩所を設置

走者の健康面を考慮して5キロ〜20キロ毎に休憩所などを設置。また、安定した走行ができるように地元のゴムプランターとも連携してアスファルト上に5センチのラバークッションなども設置する。

工事が予定通りに終わるかは不明だが、新たなタイの観光アクティビティとして外国人にも期待されています。

大小の休憩所を設置

大小の休憩所を設置

source:prachachat

おすすめ関連記事
星野リゾート トマム
the giving town
traveloka
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
yonezawashow10
横浜
ワッペン堂
Chatwork
沖縄観光コンベンションビューロー
レオンテクノロジー
Tokyu Paradise Park