祭り好きなら一度は行っておくべきバンコクのソンクラン3大スポット

水かけ祭りソンクラン、バンコクの三大おすすめスポット
水かけ祭りソンクラン、バンコクの三大おすすめスポット

“水かけ歩行者天国!”ローカルタイ人がごった返すシーロム通り

バンコクで1番ローカル色が高い合戦場の一つがシーロム通り。普段、昼間はビジネス街、夜は繁華街として盛り上がるこの通りはBTS(スカイトレイン)シーロム線のサラデーン駅の真下に位置する。

ソンクラン初日昼間のシーロム通り
ソンクラン初日昼間のシーロム通り

付近には日本人カラオケ街のタニヤ通り、ゴーゴーバーが並ぶパッポン通りもあることから、3日間を通してバンコクで最もローカルタイ人が集まる場所。また、ピーク時には水かけバトルの反則行為というべき、「放水車」や「泡発生マシーン」も登場する。

【合戦場までの道のり】
・BTSシーロム線に乗ってサラデーン駅で下車
・MRTのシーロム駅で下車

[googlemap src=”https://www.google.co.jp/maps?q=silom&hl=ja&ie=UTF8&sll=13.75262,100.575103&sspn=0.007055,0.01134&brcurrent=3,0×0:0x0,0&hnear=Silom+Rd,+Krung+Thep+Maha+Nakhon+10500+%E3%82%BF%E3%82%A4%E7%8E%8B%E5%9B%BD&t=m&z=16″ width=”800″ height=”280″ align=”aligncenter” ]

[divider]

“各国の水かけマニア”が狂喜乱舞するカオサン通り

インターナショナルな水かけ合戦会場となるのが、一時はバックパッカーの聖地とも呼ばれていたカオサン通り。この場所は世界各国の外国人が集まり、前日の夕方頃からフライングスタートをするほど勢いがある名所。

ソンクラン初日のカオサン通り
ソンクラン初日のカオサン通り

カオサン通りは普段も多民族な人種が集まるエリア。この日にあわせてタイを訪れる外国人観光客も多く、とにかくノリが尋常ではない。もちろん、英語が話せなくても楽しめます。

【合戦場までの道のり】
・MRT ホアランポーン駅からタクシーまたはトゥクトゥクで15分ほど

[googlemap src=”https://www.google.co.jp/maps?q=Khao+San+Rd&ie=UTF8&sll=13.7589225,100.4972654&sspn=0.0080033,0.0109864&t=m&hnear=Khao+San+Rd,+Khwaeng+Talat+Yot,+Khet+Phra+Nakhon,+Krung+Thep+Maha+Nakhon+10200+%E3%82%BF%E3%82%A4%E7%8E%8B%E5%9B%BD&z=16&brcurrent=3,0×0:0x0,0″ width=”800″ height=”280″ align=”aligncenter” ]

[divider]

世界で唯一の”水かけ野外フェス”が開催されるRCA通り

音楽プロダクションやクリエイティブな企業が集まるRCA通りは、ソンクランの夜だけは”水かけ野外フェス会場”に一変する。大型クラブSLIM(スリム)やROUTE66(ルート・シックスティシックス)の店の前にはソンクラン特設ステージが設置されイベントが開催される。ギャラリーはステージからの水をひたすら食らいながら深夜まで踊り続ける。

ソンクラン2日目のRCA
ソンクラン2日目のRCA

イベント中は一般通路がダンスフロアになるため、移動はむかいにあるオフィスビルの中を通ります。人酔いして具合が悪くなった方は途中にある階段を使って、地下駐車場で一時休憩することも可能です。(※閉鎖することもあり)

【合戦場までの道のり】
・MRT ペチャブリー駅からタクシーまたはトゥクトゥクで5分ほど

[googlemap src=”https://www.google.co.jp/maps?q=Route+66+Club+%E0%B9%81%E0%B8%82%E0%B8%A7%E0%B8%87+%E0%B8%9A%E0%B8%B2%E0%B8%87%E0%B8%81%E0%B8%B0%E0%B8%9B%E0%B8%B4+%E0%B8%81%E0%B8%A3%E0%B8%B8%E0%B8%87%E0%B9%80%E0%B8%97%E0%B8%9E%E0%B8%A1%E0%B8%AB%E0%B8%B2%E0%B8%99%E0%B8%84%E0%B8%A3+%E0%B8%9B%E0%B8%A3%E0%B8%B0%E0%B9%80%E0%B8%97%E0%B8%A8%E0%B9%84%E0%B8%97%E0%B8%A2&hl=ja&ie=UTF8&ll=13.75262,100.575103&spn=0.007055,0.01134&sll=13.735967,100.529194&sspn=0.014111,0.022681&oq=ROUTE&brcurrent=3,0×0:0x0,0&t=m&z=17″ width=”800″ height=”280″ align=”aligncenter” ]

上記で紹介した3箇所は数千人〜数万人規模で水掛けバトルが展開されるため、現場にはびしょ濡れになる前提で行くようにして下さい。前回の記事でも触れましたが、貴重品などは絶対に持ち込まず、数千バーツを密封性のあるビニール袋に入れて持ち歩くのがベストです。

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で