\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

W杯で実感する親日っぷり、当然のように日本を応援するタイの人々!

チャトゥチャック駅の日本代表応援キャンペーン

W杯はタイの“親日ぶり”を体感できる時!

世界中で盛り上がりを見せるサッカーのワールドカップ・ブラジル大会。日本代表はここまで2試合を終えて1分1敗と、残念ながら“崖っぷち”の状況だ。

そんななか、タイでは地下鉄チャトゥチャック駅構内で日本代表応援キャンペーンが大々的に行われるなど、アジアの代表として日本代表へも高い関心が寄せられている。

実際に足を運んでみても、柱の一つひとつやエスカレーターの両サイドの壁一面などに日本代表全選手が紹介されているなど、想像以上の“ジャック”ぶりに驚かされる。

もともと親日国のイメージが強いタイだが、サッカー熱の高い国柄であることもあり、その“親日ぶり”をもっとも実感できるのが実はこのサッカーW杯かもしれない。

日本代表のシャツを着て記念撮影をする人も
日本代表のシャツを着て記念撮影をする人も

ごく自然に日本を応援してくれる空気感

W杯が近づくにつれ、街では日本代表のユニフォーム姿がちらほら目につくようになった(チャトゥチャック駅でも日本代表のシャツを来て記念撮影するタイ人の姿があった)。

日本の試合時にはフェイスブックなどに日本を応援する内容の投稿が多く流れてき、試合後には「今日は日本を応援するために5時に起きた!」など、日本代表ネタで声をかけてくれるタイ人も複数いた。

今大会は試合時間が深夜から早朝にかけてであるためなかなかお目にかかれないが、長く滞在する日本人の話によれば、W杯の日本戦時にはバーなどでもごく自然に日本を応援する空気が生まれるという。

日本のみならずタイからの声援も受けて、“サムライ・ブルー”がブラジルの地で最後まで諦めずに躍動してくれることを期待しよう!

こちらの記事どうぞ
有名日本人選手が続々加入!さらに脚光を浴びるサッカーのタイリーグ... 最近では日本国内でも注目されるタイリーグ 近年、Jリーグとの提携などで日本での注目度も高まっているサッカーのタイリーグ。タイでプレーする日本人選手も年々増え続けて昨年は40名近くにも達した。 今年もその流れは続きさらに多くの日本人選手がタイへやってきて...
セパタクローの世界選手権「キングスカップ」は予定通り開催... スポーツイベントは開催の方向へ 国王の崩御に悲しみに包まれているタイ。もちろんすべての国民が今も深い悲しみの中にあるのは事実だが、多くの人が黒い服を身につけていること以外は、基本的に普段と変わらない国民生活が送られている。 政府より30日間は娯楽活動を...
サッカー効果!?エアアジアがバンコク-ブリーラム線を就航開始... 4月2日に新規路線として就航開始! 格安航空会社のタイ・エアアジアは、2015年4月2日よりバンコクとタイ東北部のブリーラム県を結ぶ路線を新たに開設する。 運行は以下のように1日1便でが予定されている。 バンコク・ドンムアン⇔ブリーラム(2015...
続・チョンブリーFCを支えるサムライたち 橋本早十選手... 選手のみならずコーチ、スタッフらに複数の日本人を配し、“日本流”でチーム強化を図るサッカー・タイリーグの名門・チョンブリーFC。昨年、「六人の侍」として連載で紹介したが、今季はさらに監督、選手と計三人のサムライが加わった。 タイと日本がコラボレーションす...
よく見られてる一本
タイに来る無知で偉そうな日本人駐在員
タイに来る日本人駐在員に期待すること