タイと日本の運命は!?サッカーのW杯アジア二次予選の組合せが決定

W杯アジア二次予選の組み合わせが決定
スポーツ

日タイの直接対決は最終予選に持ち越し!?

2018年のサッカーワールドカップ出場を目指すアジア予選。その二次予選の組み合わせが4月14日、決定した。

注目のタイと日本は以下のようなグループとなった。日タイの二次予選での直接対決はなくなったが、それぞれ興味深いグループに組み込まれた。

【タイ/グループF】 イラク、ベトナム、タイ、インドネシア、台湾

【日本/グループE】 日本、シリア、アフガニスタン、シンガポール、カンボジア

ロシアW杯アジア二次予選のグループ

ロシアW杯アジア二次予選のグループ

タイの最終予選進出も可能性十分!

二次予選でタイが対戦するのは、イラク、ベトナム、インドネシア、台湾の4カ国。東南アジア勢が多く組み込まれるグループとなった。

昨年の東南アジア選手権(AFFスズキカップ)で優勝して名実ともに東南アジアナンバーワンと言えるタイにとっては、戦いやすい組み合わせと言えるだろう。

このグループで最も力があると思われるのはイラクだが、戦い方によってはタイにもチャンスがある相手。台湾はグループ内で最も力が落ちると考えられる。

グループ2位でも成績上位に入れば最終予選進出となるレギュレーションを考えると、タイにとっては希望の膨らむ幸運な抽選結果と言えるだろう。

また、日本もシンガポール、カンボジアと二つの東南アジア勢と同組になった。近隣国に日本代表が二度もやってくることになったのは、タイ在住者にとっては朗報と言えるかもしれない。

 

おすすめ関連記事
レオンテクノロジー
ワッペン堂
Tokyu Paradise Park
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
横浜
Chatwork
yonezawashow10
traveloka
the giving town
星野リゾート トマム
沖縄観光コンベンションビューロー