2013タイ・プレミアリーグはブリーラム・ユナイテッドが2年ぶり3度目の優勝!!

2年ぶり3度目の優勝を決めたブリーラム・ユナイテッド
2年ぶり3度目の優勝を決めたブリーラム・ユナイテッド
スポーツ

27日、サッカーのタイ・プレミアリーグでブリーラム・ユナイテッドが優勝を決めた。タイFA杯、リーグ杯との3冠を達成した一昨年以来、2年ぶり3度目のリーグ制覇となった。

ライバル、SCGムアントン・ユナイテッドを振り切る!

残すところ2節とクライマックスを迎えていた同リーグはこの日、第33節がタイ各地で一斉に行われ、優勝に王手をかけていたブリーラム・ユナイテッドはアウェイでバンコク・ユナイテッドと対戦。

ブリーラム・ユナイテッドは前節まで無敗をキープして首位に立っていたものの、昨季、無敗優勝を果たしているライバルのSCGムアントン・ユナイテッドも勝ち点差3で猛追。無敗といえども、引き分けが続けば無敗のまま優勝を逃す可能性もあるという緊迫した状況だった。

そんな中でブリーラム・ユナイテッドはこの日も2-0できっちり勝利を収めると、2位のSCGムアントン・ユナイテッドが引き分けたため、残り一節を残してブリーラム・ユナイテッドのリーグ優勝が決定した。

3冠なるか…「ブリーラム・イヤー」だったタイサッカー界

今季のブリーラム・ユナイテッドは、クラブチームのアジア王者を決めるACL(アジア・チャンピオンズリーグ)でもベスト8入りする快挙を果たしており、アジアの舞台での厳しい戦いと並行してのリーグ優勝は見事だった。

ACLと国内リーグとで起用する選手を区分けする「ターンオーバー」を可能にさせた選手層の厚さなど、今季のタイリーグにおいて総合力で頭一つ抜け出た存在だったのは間違いなく、勝負どころでの粘り強さや試合巧者ぶりなどは、ときに「脆さ」が短所として挙げられるタイサッカーの印象を覆すものでもあった。

すでに「ブリーラム・イヤー」だったと言っていい今季のタイサッカー界だが、同クラブはタイFA杯、リーグ杯でもともに決勝進出を決めており、2年ぶりの3冠達成の可能性も残している。ブリーラム・ユナイテッドが完璧な形で2013年シーズンを締めくくるのか、注目したい。

おすすめ関連記事
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
沖縄観光コンベンションビューロー
ワッペン堂
Tokyu Paradise Park
横浜
Chatwork
レオンテクノロジー
星野リゾート トマム
traveloka
yonezawashow10
the giving town