トヨタプレミア杯2014はタイのBECテロが鳥栖にPKで勝利!

©BEC Tero Sasana FC
スポーツ

PK戦は大逆転決着!

2月22日、バンコクのスパチャラサイスタジアムで「トヨタプレミアカップ2014」が行われ、トヨタリーグカップ2014の覇者であるタイのBECテロサーサナがJ1・サガン鳥栖をPK戦で下してタイトルを獲得した。

試合は両チーム無得点で迎えた後半28分に、サガン鳥栖のDF吉田豊が二枚目のイエローカードで退場。鳥栖が数的不利となったが、残りの時間をしのいでPK戦に突入した。

PK戦では先攻のBECテロ・サーサナが先に二人失敗して不利な状況となったが、鳥栖は4人目から6人目までが立て続けに失敗し、BECテロ・サーサナが4対3の大逆転でPK戦をものにした。

【トヨタプレミアカップ2014・ハイライト】

対戦成績はタイの4勝1敗に

同大会はタイリーグの3大タイトルの一つである「トヨタリーグカップ」の前年度優勝チームがJリーグクラブを招いて行われるもので、2011年より毎年開催されてきた。

昨年もブリーラム・ユナイテッドが名古屋グランパスに対してPK戦で勝利するなど、昨年まででタイの3勝1敗という結果だったが、さらにタイが勝利を重ねる形となった。

今季はすでにタイリーグが開幕している状況で、一方のJリーグは開幕前。コンディションの差など条件の違いはもちろんあるものの、タイリーグの上位クラブの力が確実に上がってきていることを証明している大会と言えるだだろう。

おすすめ関連記事
星野リゾート トマム
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
Chatwork
レオンテクノロジー
the giving town
Tokyu Paradise Park
ワッペン堂
横浜
traveloka
沖縄観光コンベンションビューロー
yonezawashow10