プーケットから熊本へ!タイサッカー界でも震災被災者支援の活動

熊本出身の佐藤選手が所属するプーケットFC

タイのサッカー界からも熊本地震の被災者支援の活動が始まっている。今回紹介するのは、熊本出身でJリーグのロアッソ熊本にも所属していた佐藤祐介選手がプレーするプーケットFC(タイリーグ・ディビジョン2)のサポーターを中心に行われているものだ。

サポーターたちによって以下のように佐藤選手のビデオクリップが作成され、義援金を募っている。佐藤選手のユニフォームをオークションにかけてその売り上げを寄付することなども行われており、活動はタイの大手メディアを通して告知されている。

【佐藤選手のコメント】

「地元の熊本で起きた大地震ですが、いろいろ事情があり、今は熊本には帰れません。今は、プーケットで自分ができることを精一杯がんばりたいと思います。だから今は、サッカーに集中できるように、サポーターがこうやって動いてくれているのだと思います」

あなたにオススメの3本
タイのバイク好きが集まるローカルバイクショップ タイ庶民の足として独自の進化を遂げるタイのモーターサイクル、通称「モトサイ(モタサイとも言う)」。日本メーカーも多く参戦し主流となっている中で、頑張っているタイ国産メーカーも数社あります。その中の一つが「Stallions motorcycles」。 ...
サッカー界にも爆弾事件の影響、JリーグU13選抜のタイ遠征中止... 予定を切り上げての帰国が決定 Jリーグは19日、タイに遠征中だったU13Jリーグ選抜について、予定を切り上げて20日に帰国させることを発表した。17日、18日と連続してバンコク都内で発生した爆弾事件を受けての決定となった。 U13Jリーグ選抜は14...
元日本代表の波戸氏と元ガンバ大阪の木場氏がバンコクでクリニック... 未来のタイ人Jリーガーを育てる 7月24日(日)、JDFA(Japan Dream Football Association)の主催によるタイの小学生を対象としたサッカークリニックがバンコクで開催される。 JDFA は、元ガンバ大阪キャプテンでタイリー...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
バンコクで一番のカレーそばを食す