日タイの激突は見られるか!?6月からW杯アジア予選が本格化

ロシアワールドカップへの戦いが本格化

ロシアW杯へアジア二次予選が開幕

サッカーのワールドカップはブラジル大会が昨年終わったばかりだが、次のロシア大会に向けてすでに予選がスタートしている。

アジアでもすでにFIFAランキング下位の国々が参加した一次予選が終了、6月より全ての国が参戦しての二次予選がいよいよ幕を開ける。

二次予選の組み合わせは4月14日に決定するが、それに向けったポット分けが以下のように発表された。各ポットから1チームずつが入り、5カ国のグループで最終予選進出を争うことになる。

<Pot1>
日本イラン、韓国、オーストラリア、UAE、ウズベキスタン、中国、オマーン

<Pot2>
イラク、サウジアラビア、ヨルダン、バーレーン、カタール、クウェート、フィリピン、ベトナム

<Pot3>
タイ、モルディブ、アフガニスタン、パレスチナ、タジキスタン、トルクメニスタン、レバノン、北朝鮮

<Pot4>
キルギスタン、シリア、ミャンマー、シンガポール、マレーシア、インドネシア、香港、バングラデッシュ

<Pot5>
グアム、ラオス、インド、カンボジア、東ティモール、台湾、ブータン、イエメン

期待を集めるタイ代表
期待を集めるタイ代表

日本vs東南アジアの可能性大!

日本とタイは別のポットに組み込まれており、二次予選で同グループとなる可能性がある。ホーム&アウェーで戦われるため、そうなれば日本代表がバンコクにやってくることになるだけに楽しみだ。

一次予選ではカンボジアが初の二次予選進出を果たすなど、他の東南アジア諸国もほとんどが二次予選に出場するだけに、日本代表vs東南アジアの対戦が実現する可能性はかなり高そうだ。

昨年末に行われた東南アジア選手権(AFFスズキカップ)を制したタイは、好選手を揃えて期待されている世代。ぜひ今、本気の日本代表との対戦を見てみたいものだ。

あなたにオススメの3本
バンコクで日本人が作ったタイ初のバッティングセンター... 2014年8月9日、バンコクのスクンビットソイ31に、タイ初となるバッティングセンター「バンコク・バッティングセンター」がオープンしました。 日本人が作ったタイ初のバッティングセンター このバッティングセンターを作ったのは「Nobutake Haoka...
サッカー日泰戦を振り返る!南アW杯へ、日本の初戦はまたもタイ... 初戦タイは“ドーハの悲劇”以来 最後にサッカーA代表による日泰戦が行われたのは、2008年のこと。2010年のワールドカップ南アフリカ大会へ向けたアジア3次予選の初戦だった。 3次予選からの出場となった日本にとっては、これがこの予選最初の試合。ワールド...
サッカー日泰戦を振り返る!21世紀初対決はアジア杯中国大会... グループリーグ第2戦で日泰が激突 21世紀に入って初の日泰戦となったのは、2004年に中国で行われたアジアカップ。1993年にワールドカップアメリカ大会のアジア1次予選で対戦して以来の、大舞台での激突となった。 アジアのチャンピオンを決める重要な大...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
Bacchus wine consultancy社長、原宏治氏独占インタビュー