1位との差は僅か0.001秒!アジア陸上選手権男子4×100mリレーでタイは銀メダル獲得

アジア陸上競技選手権大会 2017 400mリレーで銀メダルを獲得したタイ ©Khaosod
アジア陸上競技選手権大会 2017 400mリレーで銀メダルを獲得したタイ ©Khaosod
Last updated:

2017年7月6日~9日にインドのブバネシュワールで開催された、第22回アジア陸上競技選手権大会(Asian Athletics Championship)男子4×100mリレー決勝で、タイは2位に入り銀メダルを獲得した。

1位の中国との差は僅か0.001秒。写真判定の結果、中国に軍配が上がり、タイは惜しくも金メダルを逃した。

タイムは、中国が39秒371、タイは39秒372

3位は香港で、タイムは39秒53であった。

2017年8月に開催される“SEAゲームス”

尚、来月はマレーシアのクアラルンプールで、「東南アジア競技大会(通称“SEAゲームス”)」が開催される。

4×100mリレーで前回(2015年)優勝したタイは、今回のアジア選手権での結果を受けて、SEAゲームスで1位の座を守ることが期待されている。

2015年SEAゲームス 男子400mリレー決勝の様子

今回のアジア選手権の映像ではありませんが、前回のSEAゲームスでのタイの走りを是非ご覧ください。

今回のアジア選手権、この種目に日本は出場しなかったようですが、本種目のアジア記録は、2016年のリオデジャネイロオリンピック400mリレー決勝で日本が出したタイム37秒60です。

タイが意外にリレーが強いことは知らなかったので、新たな発見でした。

Source: matichon, matichon, SIAM SPORT, Khaosod,
JAAF(日本陸上競技連盟公式サイト)発行ガイドブック

あなたにオススメの3本
タイ人初のJリーガー誕生なるか!タイの至宝がFC東京の練習参加... U18タイ代表のキャプテンを務めるウォーラチット タイ・プレミアリーグのチョンブリーFCに所属するウォーラチット・カニッシーバンペーン選手が12月15日から19日までの5日間、Jリーグの強豪・FC東京の練習に参加することが決まった。 ウォーラチット選手...
「タイのメッシ」加入のコンサドーレ札幌が7月にタイで親善試合へ!... チャナティップの古巣ムアントンと親善試合 Jリーグの「アジア戦略」やタイサッカーの急成長によって、日本とタイのサッカー交流が盛んな昨今。今季だけでもサンフレッチェ広島、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレなどのJリーグクラブがタイで試合をしているが、日本のメデ...
バンコク近郊に世界最大規模のサイクリングコースが完成!?... タイ国の玄関口であるスワンナプー国際空港。その広大な敷地を利用した、総長23.5KMという世界的に見てもかなり大規模なサイクリング・パークがついに完成!という事で、確認に行ってきました。 ↑スタートゲート、↓受け付けゲート、→レギュレーション サ...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
AECって言うけれど…ASEAN域内貿易事情