, ,

タイ発の音楽イベント「GIANT SWING」が日本初開催

「GIANT SWING」日本初上陸
「GIANT SWING」日本初上陸

GIANT SWINGとは?

「GIANTSWING(ジャイアントスイング)」とはタイのバンコクで北海道出身の日本人DJによってオーガナイズされてきた音楽パーティー。

常夏の国での生活の中で面白いと感じた音楽やアートを発信し、アジアの中心に渦を巻き起こすムーヴメントは、イベント開始から5年以上経った現在もバンコクのコアな音楽ファンを魅了し続けている。

その「GIANT SWING」が、2015年 9月13日(日)、北海道に初上陸する。場所は函館「Stone Love」。DJ masa、NKchan、そして地元でもあるHIROOによるバンコク仕込みの音楽世界を是非体験して頂きたい。

GIANT SWING

マップ
マップ

日本からタイ、タイからアジア

GIANTSWINGの発起人である函館出身のHIROOは2009年にバンコクに移り住み、タイ人の音楽クルー「DUBWAY」で唯一の日本人DJとして活動・・・その後、同じ北海道出身のmAsa niwayamaと共に後にGIANT SWINGとなる「GIANTSWINGIN(スウィンギン)」という音楽イベントを始動。

二人はイベントを通して日本のミュージシャンをバンコクに呼び込み、ダンスミュージック、伝統音楽、アートなどを交えながら他のクルーにはない独自の世界観を作り上げていった。

約3年間のバンコクでの生活を経て帰国したHIROOは、タイでの刺激的な時間を活かし函館を拠点として「HALATION」というイベントを開始。そこではタイ伝統音楽の継承者といわれるマフト・サイや、タイのDJ界のドンことDJ DRAGON、タイでのライブ経験もある沖縄民謡歌手 堀内加奈子らを招いて「日本のアーティストをアジアへ」、「アジアのアーティストを世界各国の人々へ」と繋げる空間を現在も作り続けている。

apple musicには存在しない希少価値ある音楽を大音響で体感するクラブという世界で、彼らの活動はこれからの時代ますます重要になってく。

GIANT SWING DJ’S

mAsa niwayama

北海道出身。タイ在住の日本人DJとして常に第一線に居続ける存在。2010年にパーティー”GIANT SWING”を開始。アジアの中心に渦を巻き起こすようなムーヴメントとなり、現地の音楽関係者や世界各国から訪れるパーティーピープルから絶賛される。他のどの国よりもタイのフロアで過ごした時間が長い彼の感性は多くの決まりごとから自由で、たとえディープ寄りな選曲の中でもポジティブな姿勢を崩すことはなく、独特のリラックスした雰囲気の人柄であらゆる人種を惹き付けてやまない。Maft SaiのZudrangma HQ Records Storeの店員もつとめ、タイ/アフリカ/ジャマイカなどワールドミュージック寄りのセットも素晴らしい。毎年の日本ツアーも恒例となりつつあり、常に「良い湯加減」なDJプレイで各地を最高のムードに包んでいる。

mAsa niwayama
mAsa niwayama

NKchan

北海道出身。2012年に札幌からタイ・バンコクへ移住した、通称「なかちゃん」。1994年に仙台のClub GhettoでDJとしてのキャリアをスタート。2002年に札幌に拠点を移してからは、Wonder BallやThe HAKATAなどで活動。豊富な知識と経験から繰りだされる、新旧織り交ぜた極上の「ブッ飛び」サウンドのファンは数多い。バンコクでも各国のオーガナイザーから信頼され、数々のパーティに参加している、希少な「超・現場仕様」のDJ!

NKchan
NKchan

HIROO

北海道札幌出身。イギリスに2年間滞在した後、1999年に函館にてDJを開始。クラブ・ミュージックのみならず、あらゆる音の鳴る場に出没。2008年より函館のラッパーY to the ONEのライブDJをつとめる。2009年バンコクに移住。mAsa niwayamaと共にパーティー”GIANT SWING”を始動。徹底した音楽主義により、現地のクラブ関係者と世界中から集まるパーティー・ピープルより絶賛される。2012年に帰国。2013年に函館で”HALATION”始動。

HIROO
HIROO

2015年 9月13日(日) GIANT SWING/Stone Love(函館市本町32-13 B1F/丸井今井隣り、本町交差点角/TEL.090-6691-6556)
GIANT SWING:OFFICIAL FACEBOOK
HALATION:OFFICIAL FACEBOOK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by Ken

Ken

北海道のド田舎に育ち、札幌、東京、カナダ、アメリカ、タイ、ラオス、カンボジア、シンガポール、マレーシア、香港、中国、ベトナム、スイスを体験。酒で語らず珈琲で喋る

anngleのページ内にコメントを残す