\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイらしさ、こんなところにも…

Last updated:

クルンテープマハーナコーン アモーンラッタナコーシン マヒンタラーユッタヤーマハーディロック ポップノッパラット ラーチャターニーブリーロム ウドムラーチャニウェート マハーサターン アモーンピマーン アワターンサティット サッカタッティヤウィッサヌカムプラシット。

タイ人の小学生でもそらんじて言える首都バンコクの正式名称。

「ウルシ科の樹木が生育する水辺の村」が訛ってバンコクになったとの説が有力だが、タイ語で「バンコク」とは決して標記しないことは、わずかでもタイを旅したことがある人なら誰もが知っていて当然ともされる逸話である。

 冒頭の「クルンテープ」を直訳すれば「天使の都」。その後に続く文言は全て「都」にかかる形容詞で、その全文をあえて訳せば「イン神がウィッサヌカム神に命じて作られた、神が権化として住まわれる、多くの大宮殿を持ち、九宝のように楽しい王の都、最高で偉大な地、イン神の戦争のない平和な、イン神の不朽の宝石のごとく偉大な」というところか。

ところが余りに長すぎるので、表記に当たっては「クルンテープ」の後にタイ文字の「ฯ」を加えることで省略したことを明示することが厳格なルールとなっている。

 バンコクでの中央駅の位置づけとなるフア・ランポーン駅。ここからチェンマイなど地方の拠点都市に向けた長距離寝台列車が日々運行されている。何面もある広いプラットホームには長い連結車両が幾重にも連なり、客を待つ間の低い動力の音は地響きとも取れるような圧倒的な存在感がある。毎朝毎夕、タイ人、外国人問わず多くの旅行者らが慌ただしくこの駅に降り立っては、この駅から旅立っていく。

そのプラットフォームのほぼ中央にあるのが、駅名を冠した標識。成人男性の背丈はあろうかという、その白い木製の標識には、下段に英語で「BANGKOK」。上段にはそれに当たるタイ語「クルンテープ」が黒い文字で描かれている。

ところが、どうも座りがよくない。バランスに欠ける感覚と言えばいいか。「なぜだろう」と暫し見入って発見したのが、「クルンテープ」に続く一連の修飾句を省略したことを表すタイ辞「ฯ」がないことだった。

近くにいた駅員に理由を聞いてみたが、「マイルー(知らない)」。「駅長はいるか」と聴いても、「マイルー」。そこで仕方なく諦め、バックパッカーとおぼしき通行中の金髪の外国人に声をかけ、感想を訊ねると、吹き出しながら「途中でインクが足りなくなったんじゃないの?」と一言。

「インクが足りないとは、いかにもタイらしい。あり得る」などと勝手に思いながら、振り返って今一度、標識を見てみた。荘厳な造りに、一字欠落の駅名。「確かに…」。こんなところからもタイ・バンコクらしさが伺えると改めて感心した。

[googlemap lat=”13.738723298427209″ lng=”100.51656603813171″ align=”undefined” width=”444px” height=”250px” zoom=”17″ type=”G_NORMAL_MAP”]13.738723,100.516566[/googlemap]

こちらの記事どうぞ
タイでしか買えない美容商品を揃える店『美肌さいさい』... 今回はタイで買える、本物で効果があるものと自信を持ってオススメ出来る 『美肌さいさい』をご紹介します。美容大国と言われるタイですが一体何がいいのか、、、逆にあり過ぎて美容ジプシーになってしまう方が多いのでは?? 美肌さいさいは、タイのダイエットサプリやコ...
タイの人々の暮らし 第12回 食品関連事業者座談会「中間所得者層がカギ!」... 平均的なタイの人々の暮しを紹介している連載企画「タイの人々の暮らし」は、今回が「食編」の最終回。前回の一般消費者座談会に続いて、今回は食品関連事業者の座談会を開催。飲食店やスーパーの経営者らが、タイの一般消費市場をどう見ているのか。匿名で本音を語ってもらった。...
お金持ちも夢中!?タイ人の宝くじ中毒の実態が明らかに... タイTMB銀行の消費者動向分析センターが行った宝くじ購入実態調査によると、タイ人の4人に1人、およそ2,000万人が宝くじを購入、その総額は年間2,500億バーツに上ることが明らかになった。 タイにある2つの宝くじ 一般的な個人投資信託(LTFやRMF...
タイ チョンブリーFC 和田昌裕監督インタビュー vol.3... 選手のみならずコーチ、スタッフらに複数の日本人を配し、“日本流”でチーム強化を図るサッカー・タイリーグの名門・チョンブリーFC。昨年、「六人の侍」として連載で紹介したが、今季はさらに監督、選手と計三人のサムライが加わった。 最後に登場するのは、和田昌裕監...
メディア
よく見られてる一本
【特集】平日午後のひと時、smart G-BOOKを片手に、お友達が待つチャオプラヤー川沿いのカフェに向かった。渋滞を避けてスイスイ!