,

4月1日は、タイの「奴隷解放」が完了した日

4月1日はタイの奴隷解放が完了した日 ©Thai PBS
4月1日はタイの奴隷解放が完了した日 ©Thai PBS

ラーマ5世により1874年以降、奴隷制の段階的廃止が進められていたが、1905年(明治38年)4月1日に奴隷解放が完了した。それにより、タイは現在のような「自由な」国になった。

ラーマ5世とは?
ラッタナコーシン王朝(現王朝)第5代目の国王。幼名チュラーロンコーン。在位1868年~1910年。15歳で即位し42年間在位した。タイの近代化を推し進め、今日のタイの礎を築いた名君として崇拝されている(日本タイ学会編『タイ事典』より一部抜粋)。

Source:Thai PBS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by Yuko

Yuko

北海道旭川市生まれ。大学入学を機に大阪へ。東京での商社勤務の後、夫の転勤に帯同する形で5年間のタイ生活を送る。在タイ中は主にタイ語の勉強と日本語ボランティアに勤しむ。本帰国後、タイ語-日本語の翻訳・通訳の仕事やタイ語(タイ文字)を教え始め、タイ語の面白さを改めて実感中。

大雨によりクラビで道路が冠水 ©matichon

タイ南部「クラビ」でも大雨で道路が冠水、一部浸水被害も

バンコクのラチャダムヌーン・クラーン通りで爆発 ©matichon

バンコクのラチャダムヌーン・クラーン通りで爆発 2人負傷