4月1日は、タイの「奴隷解放」が完了した日

4月1日はタイの奴隷解放が完了した日 ©Thai PBS
4月1日はタイの奴隷解放が完了した日 ©Thai PBS
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ラーマ5世により1874年以降、奴隷制の段階的廃止が進められていたが、1905年(明治38年)4月1日に奴隷解放が完了した。それにより、タイは現在のような「自由な」国になった。

ラーマ5世とは?
ラッタナコーシン王朝(現王朝)第5代目の国王。幼名チュラーロンコーン。在位1868年~1910年。15歳で即位し42年間在位した。タイの近代化を推し進め、今日のタイの礎を築いた名君として崇拝されている(日本タイ学会編『タイ事典』より一部抜粋)。

Source:Thai PBS

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で