,

英語はタイで必要なのか?

タイで英語

バンコクに暮らしていると、日本語で生活が(ほぼ)成り立ちます。日本食レストランは数多くあり、日本語メニューに日本語を話す店員さんが常駐、他国料理でも場所によっては日本人がメイン顧客だからと日本語メニューが用意され、スーパーでも日本の食生活にあった食材が手に入り、日本語書籍を扱う書店に行けば日本の雑誌も本も手に入ります。ですが、ここはタイ。いくらどんなに日本語が溢れていて、街中で日本語を話せる人に遭遇するようなことがあっても職場となると話は異なります。

バンコクは日本のよう、でもタイ。
バンコクは日本のよう、でもタイ。

タイでビジネスをするとなれば日系企業相手の場合が多く、お客様とは日本語でやりとりがメインということも多いでしょう。しかし一歩オフィスに戻れば、自身がタイ語に堪能もしくはスタッフ全員日本語に堪能という場合でもない限りは、社内公用語が英語であるケースが一般的ではないかと思います。会社によってはタイ語⇔日本語の通訳がつくこともありますが、それでも英語を必要とする場面が多々あると思われますし、英語学校に通うという方が一定数いるということは、フリーペーパーに掲載されている英語学校の広告をみれば明らか。

さらに会社の規模やお客様の状況によってはシンガポールやマレーシア、中国などとのやりとりが必要な場合も考えられます。それゆえ、 現地採用でタイ語がビジネスレベルにある人でも、同じような理由から英語の必要性を感じて学び直す人もいます。

バンコクの夕焼け

一方、タイ人スタッフの中にはかなりきれいな発音で英語を話す人や、ビジネスレベルの英語を話す人が結構います。話すのは不得意でも読み書きはあまり支障がなく、英語で仕事ができるレベルの人も多いです。上司として部下に仕事を指示したり、書類を作成して社内で共有するにあたり、あまりに低レベルだとかっこ悪いですよね~。私の同僚も「あの日本人(駐在員)は英語すらできないから、仕事を教えるのが大変」とどっちが上司かわからないような発言をすることも。タイ特有の商習慣などは教えてもらわないとわかりませんから、これもある意味正しいんですけどね。

バンコクで英語を習得
バンコクで英語を習得

時々、同僚や友人から英語学習について相談をうけます。TOEICをバカにする人は多いですが、まずは自分の弱いところ(語彙なのか、文法なのか、リスニングなのか)を明確にするためにもTOEIC向けの勉強をするのはひとつかと。タイなら毎月試験が実施されていて、受験間隔や機会に制限もないので手軽でいいんじゃないかと思います。

グローバル言語としての英語、タイでも必須だと思う毎日です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by たまこ

たまこ

バンコク在住。「日本語と英語ができるなら仕事見つかるよ」というタイ人の友達の言葉にのせられ、タイ語もほとんどできないまま気軽に渡タイ。職場や近所付き合いなどを中心に、現地採用として暮らす日々のあれこれをお届けします。

anngleのページ内にコメントを残す

タイ人にも評価高いバミー

バンコク中心部、人気フードコートの地下にあるフードコート

CNNも認めた!バンコクの屋台は世界一!