,

日本とは違うタイの食文化

タイの食文化
タイの食文化

サワディーカップ。さかっきーです。

最近暑い日が続いてますが、暑いのが得意で寒いのが苦手な私にとっては全然問題無く過ごしております。湿度があるせいか、温度計が38℃を示していてもそんなに暑いとは感じませんよ!!早速ですが、タイで生活していて気づいたことが2点あります。

パンにナイフとフォークが付いてくる

バンコクにあるカフェでパンを注文した際、ナイフとフォークが付いてきてビックリしました!!日本では経験したことがなかったので最初は違和感がありましたが、慣れてくるとパンを食べる時にナイフとフォークがある方が便利だなと思うようになりましたよ。

あんぱんとクリームパン
左:あんぱん、右:クリームパン

ドリンクにはストローが付いてくる

驚いたのは、水のペットボトルでさえもストローが付いてくるということ!!タイ人は基本飲み物を飲む際は何にでもストローを使うようです。何でストロー使うのかタイ人の友人に聞いたところ、「理由は無い」とのことでした。強いて言うなら、ストローを使って飲み物を飲む方が直接口を付けて飲むよりも上品だからとのことです!!

ペットボトルとストロー
ペットボトルとストロー

このように、ちょっとした違いを発見すると面白いな~と感じます。日本とタイで他にも食文化の違いがないかアンテナを張って過ごしたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by さかっきー

さかっきー

1989年天草生まれ(熊本)。法政大学メディア社会学科在学中に運良くメディア(TV,CM,ドラマ,ラジオ,演劇,雑誌)を一通り経験。交換留学で台湾に1年間住みつつ、東南アジアを旅し、今後の更なる発展の可能性を感じる。日本に帰国後、デジタルハリウッドでWeb制作を学び、現在はタイでWebディレクターとして活動中。また、ライターとしてタイで感じたことを伝えていけるようアンテナを張っている。

anngleのページ内にコメントを残す