2020年までに完成するバンコクの4大高層ビル

バンコクの4大高層ビル
バンコクの4大高層ビル

格安タイツアーの宿泊先としてお馴染みの「バイオークタワー」、ルーフトップバーで一躍有名になった「ステイトタワー」など、バンコクにはさまざまな高層ビルが立ち並んでいます。

今回は、2020年までにバンコクに完成する4つの新高層ビルをご紹介!

スーパー タワー

SUPER TOWER
SUPER TOWER

高さ615メートルで東南アジア1番を目指すスーパータワー(仮)。オフィスビル、コンドミニアム、商業ビルという3つの機能を持ち、ビル内には世界の高級ホテルやレストランなどが出店予定。場所はセントラルプラザ「グランドラマ9」そば。

ビル名:SUPER TOWER(仮)
場所:ラマ9
開発:ジーランド
高さ:615メートル(125階)
完成日:2019
主な施設:オフィス、6つ星ホテル、会議室、レストラン、展望台など

アイコン サイアム

ICON SIAM
ICON SIAM

世界中の観光客が行き来するバンコク中心部のショッピングモール「サイアム・パラゴン」の次なるプロジェクトはリバーサイド。完成予定は2017年を予定しており、日本の高島屋ほか、各国の高級ブランドやエンターテイメント施設などが入居する。

ビル名:ICON SIAM
場所:クロンサン
開発:サイアム・ピワット
高さ: 315メートル(70階)
完成日: 2017年
主な施設:ショッピングモール、コンベンションホール、コンドミニアムなど

マハナコーン タワー

Mahanakhon Tower
Mahanakhon Tower

バンコクのビジネスストリート、シーロム通りの南に位置する「マハナコーンビル」は、外壁が螺旋状に剥がれたようなデザインが特徴。中には高級商業施設の他、タイ国内で最も高いコンドミニアムとして販売されたリッツカールトンブランドのコンドミニアム、「リッツカールトン・レジデンス(The Ritz-Carlton Residences)」が入居する。

ビル名:Mahanakhon Tower
場所:チョンノンシー
開発:ピースディベロップメント
高さ: 314メートル(77階)
完成日: 2015(延期で2017年)
主な施設:ザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ショッピングセンター、ホテル、屋外広場など

ランドマーク ウォーター フロント

Landmark Waterfront
Landmark Waterfront

中国の建設会社「北京建工国際建設工程」とカントリー・グループ・ディベロップメントとの合弁会社で始まった、チャオプラヤ川岸で開発中の「ランドマークウォーターフロント」。バンコクの定番観光スポット「アジアティーク・ザ・リバーフロント」に近く、ホテル2軒と73階建のコンドミニアムが入居する。

ビル名:Landmark Waterfront
場所:サトーン
開発:カントリー・グループ・ディベロップメント
開発:305メートル(延期で2018年)
完成日:2017年(着工時)
主な施設:ショッピングモール、コンベンションホール、コンドミニアムなど

ただ見ているだけで圧巻されるバンコクのモダン高層ビル。紹介した4つのビルは2020年まで完成する予定ですが、タイの建築工事は遅れることがしばしば。コンドミニアムを購入される方は、直接オフィスに足を運び確認することをオススメします。

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で