ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

このほど、わけあってメイドさんを雇うことにしました。

私にとって初めてのメイドさんです。ネットで様々な経験談を読み、友人知人家庭でのメイドさんの様子を聞き、そしてエージェントを利用してメイドさん探しをしました。

タイのメイドさんはどんな人たち?

タイ人のメイドさんというのは今となっては数が少なくなり、多くはフィリピン人やミャンマー人の出稼ぎ労働者だそうです。ただ、長年タイに住んでいてタイ語が堪能という人も多いですし、フィリピン人のみならずミャンマー人でも英語ができる人は多いので言葉の問題は思った以上にハードルが低い、というのが私個人の印象です。

雇うのはどんな人達?

日本に比べたら驚くような安さでメイドさんを雇えるタイランド。しかしそれは「日本と比べて」のこと。バンコクの平均世帯収入は4万バーツほどと言われていますが、これではメイドさんに最低賃金(300バーツx30日=9000バーツ)相当のお給料を支払うのはちょっと厳しい。家や車のローンを抱えて子どもがいても、なお1万バーツ前後の給料を支払えることを考えると、世帯収入6万~8万バーツは必要でしょう。

タイのメイド事情

ただ、タイでは親世代が家事育児を請け負ってくれるケースも多いため、全員が全員メイドさんを雇うわけではありません。そう考えると、やはり富裕層で両親共に事業をやっていたり、奥様は社会活動に忙しかったり、もしくは駐在員家庭が主流でしょう。実際、今回私が面接した人たちは皆さん外国人家庭でのお仕事経験がある人ばかりでした。

タイのメイドさんのお給料

メイドさんのお給料は仕事の内容にもよりますが、週2回各2~3時間程度のお掃除とアイロンかけでだいたい2千バーツ~4千バーツ/月、週5で家事+育児を手伝ってもらうとなると1万5千バーツ/月ほどのようです。ただ、英語で意思疎通ができて何かしらの資格保持者(大卒だったりファーストエイド講習を受講済みだったり)となると1万8千バーツ/月前後ということも。やはり経験や資格で給料が変わるものなんですよね。

タイのメイド事情

もちろん長年のおつきあいがあるメイドさんであればこのお値段とマッチしない場合もあるでしょうし、各種条件(ボーナスや健康診断の費用負担など)で交渉可能ですので上記が一般的な相場とも言い切れませんが、さて、これを高いと見るか安いと見るか。

タイのメイド求人は減っている?

一昔前であれば、日本人家庭でもメイドさんを雇う人は多かったですが、最近ではそういう家庭も減っていると聞きます。メイドさんという職業そのものが私達は不慣れですし、言葉の問題もあるとなるとやはり気後れするものですよね。私が面接した西洋人家庭での経験豊富なマルチリンガルの女性も「最近は仕事がない」とボヤいていました。

その一方で、「日本人のお宅で週1回アイロンかけしてる」「アメリカ人の男性宅で週2回2時間お掃除してる」と数軒掛け持ちしている人も多くいます。特にバンコク郊外に暮らす外国人でも喜んで!という人は重宝されるようですし、働く側も短時間で決められた仕事をきちんとこなせばいい、ということで気楽な様子。そこに多くの外国人労働者が押し寄せていて、パイの取り合いになっているのかもしれません。

それにしてもアイロンかけだけ頼んでいるご家庭、どれほどアイロンを必要とする服が多いのでしょうか。それともよっぽどアイロンかけが嫌いなのか…。私はアイロンかけが嫌い&下手なので、早速メイドさんにお願いすることにしました。ふふふ…。

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で