バンコク中心街争奪戦!スクンビットの震央地を作るザ・モールグループ

The Mall GroupがEpicenter of Sukhumvitを発表
The Mall GroupがEpicenter of Sukhumvitを発表
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

かつて、これほどバンコクの都心部を一つの企業が埋めたことはなかっただろう。

『The Pride of Bangkok / バンコクの誇り』を謳うサイアムパラゴン熱が徐々に冷めつつある中、The Mall Groupがバンコクの民衆を再び感動の渦に巻き込もうとしている。

バンコク最大級のショッピングモールプロジェクト「Epicenter of Sukhumvit」

過去最大規模世界のモールランキング5位圏内目指すプロジェクト

数億バーツ級の『Epicenter of Sukhumvit』プロジェクトには、バンコクのクロントイ地区に新しいビジネス街を作り上げ『世界最高のショッピング モール/ランキング上位5位以内』を目指す過去に例のない一大プロジェクトとなる。

[one_half]em_02[/one_half]

[one_half_last]
em_01[/one_half_last]

3つの大きな建物で形成される未来都市

『Epicenter of Sukhumvit』は、三つの建物で形成された世界最高クラスのショッピングモールとして建設される予定で、既にお馴染みの『The Emporium / ザ・エンポリウム』が大型改装工事を実施、それと合わせて『The EmQuartier』と、『The EmSphere』 の二つの新しいモールが組み合わされます。

各モール建設予定地
各モール建設予定地

60万平方メートルを越える壮大な面積には、三つのモール合わせて1000店舗以上のタイ国内外のブランド等などを出店。新しい『The EmQuartier』はオフィスビルやイベントホールを設置し、さらに野外には大型庭園を配置するという計画がある。また、同社は『それぞれのモールの設計には、国内外の多くの建築デザイナーがタイデザイナーの腕を取り組み、芸術性も非常に高いプロジェクト』とも強調している。

最高責任者Kraingsak Tantiphipopの意思

Kraingsak Tantiphipop
Kraingsak Tantiphipop

 The Emporium Group C.E.O.(最高経営責任者) Kraingsak Tantiphipop は、当プロジェクトを『タイの小売業界の次世代への大きなステップになる。』と記者団に公表し、『The EmSphere』は、【ワールドクラスショッピング】と言う言葉の通り、当プロジェクトに抜擢されたブランドは全て、最高級又は有名店として店頭で表現され、確実に贅沢な雰囲気を約束すると発表会を締めくくりました。

エンポリウムの改修工事及び『The EmQuartier』の建設は、2014年の年末までに完成する予定で、『The EmSphere』は2016年にオープンする予定。

寄稿:northmoor(翻訳家/ライター)

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で