Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイの映画館について私が知っている二、三の事柄

タイの映画館で大事なこと
タイの映画館で大事なこと
Last updated:

日本と異なり格安料金で見られるタイの映画館。バンコク都内に新しいショッピングモールができるたびに映画館が設置され、日本に劣らない最新鋭の機材環境で楽しむことができます。そんなタイの映画館に入場する前に知っておくべき3つのことをご紹介。

1.タイの仕来り!上映前の起立

王様への敬意
タイで映画を見る前に誰もが必ず守らなくてはいけない事は上映前の国王賛歌での起立。タイは王様があってこその国、外国人問わず必ず起立して王様への敬意を払いましょう。

2.エアコンキツすぎ!防寒対策は必須

寒い館内
タイの映画館の特徴は強力なエアコンによる館内の寒さ・・・長時間の映画鑑賞となると後半は寒くて集中して見られないほど冷え込みますので、絶対にTシャツ一枚で行かないように注意してください。

3.不人気な映画ほど公開期間が短い

即終了
タイ映画館の集客争いは日本以上に激しく、不人気な作品はすぐに公開が終了します。短いものは1週間ほどで終了することもあるため、必ず事前に公開期間をチェックしてから行くことをおすすめします。

VIPな映画館で英語勉強!?

一人150バーツ(400円弱)ほどで気楽に楽しめるタイの映画館。最近ではVIP・カップルシートなどの特別なシートがあるゴージャスな映画館も増えてきました。

もちろん上映される映画は「タイ語吹き替え」もしくは「タイ語字幕(英語音声)」がほとんどですが、アクション映画であれば雰囲気だけでも楽しめると思うので、英語のヒヤリング練習も兼ねて是非行ってみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメの3本
バンコクの多様化と”24時間ライフスタイル” タイ・バンコクでは働き方が多様化する中、若い世代のライフスタイルが以前に比べて大きく変化している。朝9時から働き夕方5時の終業ともに帰宅する「9時5時サラリーマン」的なライフスタイルから、時間を選ばず24時間好きな時間に仕事をし夜中や早朝にジムへ行ったり食事を...
駐妻の友人からみる駐在員家族ライフ 本帰国する友人 数年前に旦那さんのタイ赴任が決まり、駐妻となった友人がいます。タイに来る前からの長いつきあいの友人です。ここ何年かは会うこともなく、連絡が途絶えていてたのですが、旦那さんのタイ赴任が決まりバンコクで再会したときは「まさかのご縁だね!」と驚いた...
中古車市場の開放で日本車が急増中のミャンマー(前編)... はじめまして。タイの隣国ミャンマーから角度を変えて旬の情報をお届けしていきます。 いま、あらゆる方面から熱い注目を浴びているミャンマー。 その昔はアユタヤ王朝を倒した強国“ビルマ”、50年ほど前はなんとバンコク駐在員はラングーン(現ヤンゴン)に買い...
編集
よく見られてる一本
ノーヘル運転を許さないタイ警察
タイでノーヘル運転して警察から逃げるとどうなるのか?