タイ国内で安くて簡単に使える汎用性高いプリペイド式WIFIカード

タイで汎用性の高いプリペイドWIFIカード「KSC HOTSPOT」 IT

10年前と比べて公共のインターネット環境も少しずつ整ってきた現在のタイ。最近ではタイを訪れる日本人旅行客は「ポケットWIFIサービス」を利用して、到着後直ぐにインターネットに繋げるということが当たり前になりました。

しかし、「ポケットWIFI」を利用した際は一日500円前後の使用料と、破棄した際には高額な弁償代が課せられるということから、俗にいう「貧乏旅行」でタイに来る人には少々敷居が高いという話もよく聞きます。

そこで今回は、タイ国内使える安くて便利な汎用性が高いプリペイド式WIFIカードを紹介。※とくに渡航者専用のプリペイドカードではないため、滞在者も簡単に利用できます。

タイでのプリペイド式WIFIカードはKSC HOTSPOTが最強

「KSC HOTSPOT」は、今やバンコクのどこにでもあるといっても過言ではないスターバックスコーヒーで利用できる共通のプリペード式WIFIカード。2時間または1日使い放題=150B(450円前後)と、一ヶ月使い放題=300B(900円前後)の二種類から選べます。

見た目はこんな感じのパッケージ

KSC HOTSPOTのパッケージ

銀の箇所を削るとIDとパスワードが書いてます

銀の箇所を削るとIDとパスワードが書いてます

KSCのログイン画面

KSCのログイン画面

画面に沿ってパスポート番号(不安な方は適当な内容でも可能)や、メールアドレスを記入して簡単にログインすることが出来ます。

@TRUE WIFIでも利用が可能!

このKSC HOTSPOTをオススメする理由はなにより汎用性が高いこと。バンコクの主要通信キャリア「TRUE」が運営する「TRUECAFE」などで利用されている「@TRUE WIFI(スクンビット界隈には必ずといっていいほど存在するWIFIエリア)」という公共WIFIスポットにも「KSC HOTSPOT」があればID情報を併用して利用することが可能です。

KSC Customers

ログインページ左下の「KSC Customers」をクリック

「@kschotspot」を選択

「@kschotspot」を選択する

ログイン完了の画面

ログイン完了画面

「@TRUEWIFI」は一度ログインしたアカウント情報を記憶してくれるため、場所が変わっても「@TRUE WIFI」があれば自動的に接続するような機能もついています。最大1ヶ月使い放題で300バーツと価格も手頃で、スターバックスのレジで気軽に購入できることから、タイでネット関係の仕事をしている外国人にも人気の便利アイテム。

初めての海外でタイにくる方へ、バンコクで動き回るビジネスマンへ、あると非常に便利な一枚です。

おすすめ関連記事
横浜
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
星野リゾート トマム
レオンテクノロジー
traveloka
the giving town
ワッペン堂
沖縄観光コンベンションビューロー
Chatwork
yonezawashow10
Tokyu Paradise Park