Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイは世界第2位の「LINE」の普及国!タイ独自の利用法で増え続けるタイ国内SNS利用者

タイは世界第2位のLINE普及国
タイは世界第2位のLINE普及国
Last updated:

先日、東京行われたLINEカンファレンスにて、ライン株式会社のCEO森川彰氏がこれまでのLINEの功績を発表した。

その中でタイでのLINEユーザー数は1800万人と、都市別人口比率で世界第2位。もともとFacebookの人口比率で世界第1位を保持しているバンコクは、今やアジアのSNS市場としては発展途上国とは言えない面を持っている。

※フェイスブック バンコクは都市別で世界一のユーザー数

タイはLINEの普及率世界第2位
タイにおけるLINE普及

今回のカンファレンスにて新しく発表された「ECサービス事業」に関しては、タイのオンライン決済システムなどの不安定なインフラ事情から、サービスリリース後に直ぐに反響がでるとは思えないが、引き続きスタンプ販売や連携アプリの利用などで、さらにユーザー数が増えるように思える。

インフラ事情からEC事業はまだ先のお話
ECサービスはネットインフラ問題が解決してから?
タイ航空のオリジナルスタンプも人気
タイ航空のオリジナルスタンプも人気

また、タイ政府のサイバー警察部隊は近年にみるタイでのLINEの普及に対し、恐喝や売春行為などを防ぐためにLINE運営側にユーザーのチャット記録を要求したというニュースも入っている。

※タイ警察がLINEのメッセージ記録監視を検討
※プライバシーはどうなる?タイで警察がLINEの監視を検討

歓楽街で蔓延るカラオケ嬢や風俗嬢も、以前までは2つケータイをあやつり直接電話で客を誘導していたようだが、今やLINEを用いて顧客管理をしている始末。タイの場合、LINEは単なるコミュニケーションツールとしてではなく、様々なサービス業の集客ツールとしての利用されているのも特徴だ。

コミュニケーションツールではなく集客ツールとして
コミュニケーションツールではなく集客ツールとして

タイの携帯街「MBK(マーブンクローン)」にも比較的安価なスマートフォンも出回り始めているため、今後さらに膨れ上がるタイのソーシャルネット事情に注目したい。

あなたにオススメの3本
【動画】激しく燃える家屋から子犬を救出した勇敢なタイ人消防士... バンコク郊外で発生した民家の火災 12月2日、バンコク郊外のとある民家で火災が発生。出火元だと思われる二階からは激しい火柱が上がり、今にも家が崩れ落ちそうな危険な状況の中で地元消防士による消火活動が始まった。 火の家に取り残された子犬 消火活...
今度こそ日本が作る!タイ高速鉄道計画がまた一歩前進... タイの複線鉄道建設プロジェクトを日本側と協議 タイの軍事政権トップのプラユット首相は1月27日、政府庁舎で日本政府の和泉洋人首相補佐官らとタイのインフラ整備における2か国協力について話し合いを行った。政府の報道官によるとプラユット首相は2月8〜10日に日本訪...
今後、タイの国内線はドンムアン空港第の2ターミナルから... 2015年12月24日、バンコク・ドンムアン国際空港の第2ターミナルが再オープンした。 国内線のチェックインは全て第2ターミナルに スワンナプーム国際空港の完成や洪水被害の影響で2006年から閉鎖されていたドンムアン空港の第2ターミナル。しかし、近年は...
編集
よく見られてる一本
【お知らせ】「BANG BANG BANGKOK」が音声配信から動画配信へ