アングル
角度を変えてタイからアジアを覗く

SNSは日課!タイ人の状況別ソーシャルメディア利用者動向

本日は、タイ人が1日起きてから寝るまでどのソーシャルメディアをどのくらい使っているのか、また、ソーシャルマーケッティングに対する反応についてのとある調査をご紹介します。トップは依然としてFacebook!下記の内容は、655人のタイ人に対してアンケート調査を行った結果です。

ソーシャルネットワーク別利用比率
ソーシャルネットワーク別利用比率
ベッドにいる時(寝る直前・起きた直後)
ベッドにいる時(寝る直前・起きた直後)
トイレにいる時
トイレにいる時
移動している時
移動している時
仕事をしている時
仕事をしている時
ミーティングがスタートするまでの待っている時間
ミーティングがスタートするまでの待っている時間

インバウンドマーケティングには最適な選択を!

上記の調査結果では圧倒的にFacebookの利用率が高いですが、他のソーシャルネットワークは何をしているかによって利用率が違います。そのため、ターゲットに向けて効率よく情報を届けたい場合は、正しい時間に正しいソーシャルネットワークを選択する必要があるでしょう。

次に、ソーシャルマーケッティングに対する反応の調査結果は下記の通り。

商品のマーケッティングはどの方法が一番反応がいいのか。
商品のマーケッティングはどの方法が一番反応がいいのか。

投稿に対するコメントを好む人が一番多い理由は、簡単且つ複雑な動作が必要ないからです。やはり、この時代はスピードとコンパクトと簡易であることが求められているようです。

また、商品と一緒に写真を撮って投稿を好む人が一番少ないのは、自分の写真を投稿するのに時間がかかるため。というのも、写真を撮ったからといって、その後すぐ投稿するのではなく、一般ユーザーでも最低でも1回は他の画像編集アプリを利用して投稿する人が多いという理由です。

しかし、これらの調査は単なる参考情報に過ぎません。ソーシャルメディアを使ってマーケッティングをする場合は、商品やサービスとターゲットに合わせて、どんな形で集客するのかを再検討すると良いでしょう。

Credit by: Zocial inc.

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で