,

タイ国内の不要公衆電話は便利ボックスに

不要電話ボックスの再利用
不要電話ボックスの再利用

タイ当局は、国内にある4000ある公衆電話を撤去する予定を変更し、付近住民の「便利ボックス」として再利用する方針を固めました。

便利ボックスってなに!?

タイ政府はこれまで、各地の公衆電話ボックスを次々と破棄してきたが、これらの計画をすべて停止。今後は、六角レンチやドライバー、自転車用の空気入れなどの工具を揃える便利ボックスに変更するとのこと。また、この便利ボックスには、ソーラーパワーシステムによる電源システムも完備、スマートフォンや各種デバイス機器の充電も可能となっている。

既に、バンコクとアユタヤ5箇所に設置済みで、今後はフリーWIFIなどのインターネットサービスも拡充する予定だ。

source:thumbsup

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by anngle

anngle

常に新たな角度を模索しつつ、これまでにないWebマガジンを作るために、命をかけてanngle(anngle th)らしい企画や、ネタ管理を行なっております。当サイトを読んだ読者のみなさまに新たな発想や、好奇心が湧きますように願う日々。

123回目-バンバンバンコク

第123回 ハルキ、まさかのビザラン

タイ国内初のガラスの遊歩道が完成間近