Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

なんだかんだで増え続けているタイのFacebookユーザー

最近のタイのFacebook動向
最近のタイのFacebook動向
Last updated:

一時は飽和状態にあるとも言われたタイのFacebookユーザーではあるが実際はどんな状況なのか。今回はタイのマーケティングサイトのデータを参考にここ数年におけるタイのFacebookユーザーの動向をご紹介する。

結局増えているタイのFacebook利用者

タイのFBユーザー増加と特徴
タイのFBユーザー増加と特徴

タイ全体におけるFacebookの利用者数は2012年から約35%増加し、2015年4月現在の利用者数は3,500万人。利用者の中心はバンコク在住者でタイ全体の70%を占めている。

タイ全体のFacebookユーザー統計

2012年:1,450万人
2013年:1,800万人(24%増)
2014年:2,600万人(44.5%増)
2015年:3,500万人(34.6%増)
※Facebookは2015年4月17日現在

男女比とユーザー属性の特徴

タイはゲイやレズビアンなどの性別ステータスをオープンにする傾向があるため、同姓に興味をもったユーザーが比較的多いところが特徴。

タイでの男性のFacebook利用者は1711万人(2015年4月現在)で、そのうち330万人が未婚者、130万人が既婚者となっている。また、異性に興味を持っているユーザーは330万人で、同姓に興味を持つユーザー(ゲイ)は33万人という結果。

また、女性のFacebook利用者は1714万人で、そのうち350万人が未婚者、140万人が既婚者となっている。異性に興味を持っているユーザーは220万人、同姓に興味を持つユーザー(レズビアン)は66万人という結果。

タイ国内のエリア別ユーザー数(5ヶ所)

下記は地域別のユーザー数の統計。バンコクがチェンライやノンタブリーなどの地方都市と比べて圧倒的に多いことが分かる。

バンコク:2,000万ユーザー
チェンマイ:96万ユーザー
ナコーンラーチャシーマー:78万ユーザー
ノンタブリ:60万ユーザー
チョンブリ:54万ユーザー

まだまだ軽視できないタイのFacebookユーザー

実際に統計をとってみると2012年から3年間で34.6%も増えている。タイでSNSを用いたウェブマーケティングといえばInstagramが重要視されがちだが、改めてFacebookの利用者を意識したプロモーションを考えてみてはいかがだろうか。

タイ人はSNS大好き
タイ人はSNS大好き

source:marketing Oops

あなたにオススメの3本
バンコクで自販機が増えている理由 24時間体制で救急対応も行うバンコク都内のカミリアン病院にこのほど、軽食や飲料が購入できる自動販売機が設置され、病院関係者から好評を得ている。院内に食堂はあるものの24時間営業ではなく、売店へ行く時間がないケースも多いことから、病院側が導入を決めた。 今...
タイのオート三輪トゥクトゥクがスマホ対応 タイのタクシー配送アプリ「Grab Taxi(グラブタクシー)」が、4月1日、新たな配送サービスとしてタイで歴史あるオート三輪通称「トゥクトゥク」に対応しました。 専用アプリを使って簡単乗車! 少しタイ語がわかれば乗り方は簡単。スマホにインストールした...
日本人開発者もチャンス!?増え続けるタイのSNSユーザー... クーデターの影響で政情が不安定なタイ王国。しかし、国内のソーシャルメディアユーザーは未だに増え続けている。 増え続けているタイのSNSワークユーザー Zocialの統計によると、2014年5月の時点でタイ国内におけるフェイスブックユーザーは2800万人...
編集
よく見られてる一本
【映像】日本人がバンコクの屋台でタイ料理を頼んだらどうなるのか!?