Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

バンコク郊外でドローンを飛ばしてみた

バンコクでドローン
バンコクでドローン
Last updated:

最近風邪をひいたKです。タイでRAWLENSという映像制作会社を経営してます。少し前に、「最悪懲役! 規制が厳しいタイでドローンの許可申請してみた」という記事を書きました。

タイ政府から「RAWLENSさんはドローンを飛ばしていいですよ」というお墨付きをいただいたという記事ですね。今回はその続きとして、ドローンの練習場をバンコクの郊外に発見したので、それについて書いてみたいと思います。

バンコクの中心地、スクンビットエリアでは飛行不可

スクンビットでのドローン飛行は不可能
スクンビットでのドローン飛行は不可能

ドローンの飛行許可を取ってから、3回ほど撮影現場で使ってみましたが、もっとスムーズな操縦ができるよう、ドローンの飛行訓練をすることにしました。

ですが、私達のオフィスはタイの首都バンコクのど真ん中。ドローンの離発着に必要な、開かれたスペースが確保できません!通行人も多く、もしも怪我をさせたら一大事です。(万が一にそなえて、ドローンの専用保険に加入してはいますが)

自由に飛ばせる場所がないかリサーチしてみた

タイでドローンを扱う代理店のfacebookファンページをリストアップし、片っ端から問い合わせをしました。ほとんどが既読スルーでしたが、一通のみ返信が。「ここがあなたの探している場所かも」とのメッセージとURLが張ってありました。

見つけたメッセージ
見つけたメッセージ

こうして辿り着いたのがDJI(ドローン業界のリードカンパニー)の正規代理店「DJI Store Thailand」です。ページ内の写真アルバムに、飛行練習らしき風景がアップされているのを確認。ここなら飛ばせそうな雰囲気です。さっそく電話をかけるも繋がらないので、直接行ってみることに。

お店はオフィスから車で20分ほど移動した所にあるようです。

実際に飛行練習上に行ってみた

着きました。バンコク郊外のショッピングモール「クリスタルパーク」です!ここの二階に目指す代理店がありました。

こんなお店
こんなお店

慣れた店員の神対応

店に入るなり、タイ人店員が笑顔で迎えてくれ、「ドローンの飛行訓練がしたいんですけど…」と伝えると「モールの屋上で飛ばせるよ」とのこと。

僕「料金は?」
店員「無料ですよ」
僕「練習場を使うのに登録とかは」
店員「要らないです」
僕「時間制限は?」
店員「ないです」
僕「…」

やっとのことでオアシスにたどり着いた遭難者のような気分。ドローンのライセンスを提示して、いざ練習場へ。(練習場に行く前に、バッテリーの充電確認、ファームウェアのアップデート確認、清掃など、無料でメンテナンスもしてくれました。神対応です)

ドローンの練習場
ドローンの練習場

ドローン飛行練習し放題の好環境!!

クリスタルパークの屋上で行った飛行訓練の映像がこちらです。

直線に飛んだり、特定のポイントを中心にして旋回したり、操縦者の移動に追従したり、Phantomには色んな機能があって本当に面白いです。このあとも何回か通ったことで、だいぶスムーズな飛行ができるようになりました。

次回はいよいよ、ミュージックビデオの撮影でドローンを投入したエピソードをお伝えしたいと思います!

RAWLENS FILM PRODUCTION(THAILAND)CO.,LTD.
ホームページ:RAWLENS.asia
問い合わせ(メール):info(a)rawlens.asia ※@に変えて送信下さい。
問い合わせ(Tel):086-383-5762

あなたにオススメの3本
タイの暦が分かるアプリ「Thai Calendar」で、仏歴も祝日も何でも来い... 「今年は仏歴で2554年だから、来年は255....」 日本人が通常使っている西暦と、タイでもまだ多くの場所で見かける仏歴の変換は苦労が多いものです。 加えて仏教や王族に纏わる祝日・振替休日や、中国歴に纏わる休日など、タイならではの暦も。仕事ではもちろ...
タイで人気の送金サービスPROMPT PAYの取引きが6倍に タイ政府が主導している新送金サービス「PROMPT PAY」の利用が大幅に増えている。今年4~6月の取り引き回数は前期と比べて6倍となる833万件(1日平均約9万2500件)に急増。 タイも徐々にキャッシュレス社会へ 金額も4,421億バーツに上り、キ...
自分撮り大好き!バンコクでInstagramが盛り上がる理由... "私は隣の家を撮る事が好きな高校生です。" なんともシンプルなコンセプトで約60枚の写真をアップロードして、瞬く間に3000名のフォロワーを獲得したタイのInstagramフォトグラファー「@t_047」。 彼の写真は同じ場所から同じ建物をとり続け...
メディア
よく見られてる一本
16回目-バンバンバンコク
第16回 フルーツ王国のタイで大量の野菜をたべる方法