, ,

バンコクいい店やれる店 ~唐突ですが、汁だく(つゆだく)が好きですか?…丼もの洪水警報発令中…~

すき家タイ2号店がラチャダのエスプラナードにオープンしたので行ってきた。吉野家に較べるとやや甘辛度合いが濃い味。スキヤキのあとに残った肉片を寄せ集めたような濃さ。それはそれで悪くはないんだけど、丼の底に汁がたまってる。汁だくをオーダーしたわけじゃないのに。

この前、スクムヴィットソイ26にある日本街の「牛野家」で、牛丼をオーダーしたときもそうだった。出てきた牛丼をよく見ると頼んでもいないのに「汁だく」状態。まるで牛肉雑炊の牛丼がでてきた。これにはかなりガッカリ。どうやら、汁だくコールをするお客さんが多いらしく、牛野家では汁だくがデフォになっちゃったらしい。

牛丼、カツ丼、親子丼…どれも汁だく反対。美味しく炊きあがったご飯(日本米)のうまみを殺してしまう汁だくはどうも許せない。今度から、バンコクで丼ものをオーダーするときは「汁切り」コールを忘れずに指定しないとダメなようだ。

今回は、バンコクの日本食レストランでいただける「丼もの」の中から親子丼をピックアップ。

みつもり

みつもりの親子丼

前回はたまご掛けごはんをピックアップした「みつもり」。手打ち蕎麦と地鶏の焼き鳥を看板に掲げるだけに親子丼にも期待が高まる。

ここの親子丼はお重に入って登場するので親子重。しかも、自慢の地鶏を焼き鳥風に炙ってからタマゴでとじる本格派。結構大きめの鶏もも肉がゴロゴロ入ってイイ感じ。出汁の香りと炙った鶏肉の香ばしさが嬉しい。カウンターに陣取ると、親子丼(重)が出来上がっていく様子を「見学」できる。鶏を炙ってから丼鍋に移してタマゴでとじる一連の流れが見て取れる。もちろん、香の物、味噌汁もついてきて、飲んだあとの〆には最適。

目の前に運ばれてきた親子重は、完全に汁だく。オーダーの時に汁切りをお願いしなかったことを後悔。

けんぞう

けんぞうの親子丼

地鶏家けんぞう、バンコクでは一番人気の焼鳥屋。もちろん、地鶏の焼き鳥も美味だけど、メニューが充実してて、オススメは鶏のパテ。生チョコのような食感がイイ感じ。ご飯ものも親子丼以外に釜飯、鶏そぼろ丼などが充実。

ここの親子丼も巷の評価は高い。けんぞうの親子丼はその名の通りどんぶり茶碗に盛られてくる。みつもりに較べると、鶏肉のサイズがやや小ぶりながらうまみと歯応えは地鶏そのもの。ここでもカウンター席に座って親子丼の作ってるところを観察できる。ここでは、白身と黄身を分けて最後に黄身を投入しているのがわかる。また、親子丼といっしょに出される濃厚な鶏のスープは絶品。

今回、オーダー時に汁切り(汁抜き)をお願いした。カウンターの中でも丼鍋から汁を捨てて盛りつけていたのも確認できたが、実際には、汁気が多めの親子丼が登場。やや残念。ちなみに、親子丼は数量限定350B、鶏釜飯270Bより高めの設定でメニューの中では最高価格。

大戸屋

大戸屋の親子丼

言わずと知れた「大戸屋ごはん処」。メニュー上では「炭火焼き 鶏の親子重」となっていて「みつもり」と同様に炭火で炙った鶏を使ってたまごでとじる方式。画像では火の通り方にムラがあるけど、基本的にはみつもりと同じ。使っている鶏はみつもりが地鶏、大戸屋がベタグロ社製のS−Pureチキンの違いがあるけど、みつもりが大戸屋から派生したお店であることを強く感じることができるメニュー。

今回、いつもと同じく汁だくとも汁切りとも言わずにフツーに注文。運ばれてきた親子重は完璧な汁切りとして登場。

この親子重のお値段190B(セットで220B)は、みつもりの親子重(350B)から較べるとかなりお得な設定かも知れない。逆に言えば、みつもりの豪奢な内装と雰囲気がその差なのかも知れないけど。

誰がなんと言おうと、丼もの(重もの)は汁切りが基本。汁だく反対!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by 亞速

亞速

官能都市「バンコク」の情景を現地からの画像を中心に...B級グルメ的な食い物ネタ多し...

バンコク市内に新しくできたApple製品の修理専用窓口「iServe」

大洪水の写真なども展示-「BOI FAIR2011」が2日間延期