タイ人直伝!タイの屋台の基礎知識  おススメの魚麺屋さん

グルメ

好評をいただいております「タイの屋台の基礎知識」シリーズ。前回までは、一般的なよく目にするクイティアオ(麺食)をご紹介してきましたが、今回からはタイでも一風変わった珍しいクイティアオをお届けします。初回は魚肉を練り込んだ魚麺屋さん。是非、食べに行ってみてくださいね。

『ก๋วยเตี๋ยวปลา ด๊อกเตอร์』クイティアオ・プラー・ドクター

เตี๋ยวปลาด๊อกเตอร์1
เตี๋ยวปลาด๊อกเตอร์2
はじめにご紹介するのは、大人気のフランチャイズ店です。「ก๋วยเตี๋ยวปลาด๊อกเตอร์ クイティアオ・プラー・ドクター」という店名で、全国で130以上の店舗があります。今回、取材したのはオープンしたばかりで、今年7月から運営している「รัชดาซอย3」という店舗です。

ラッチャダーピセークรัชดาภิเษก」通りの「ラッチャダーピセーク3รัชดาภิเษก3」というソイ(小道)に入って、2番目の小さい交差点から100メートルくらい直進。セブンイレブンが見える交差点を右に曲がって、30メートル行った左側にお店があります。赤い看板で判断できます。

เตี๋ยวปลาด๊อกเตอร์3

店名の「ด๊อกเตอร์」は発音のとおり、医者の「ドクター」を意味します。このお店の創建者がお医者さんで、この名前がついたということです。フランチャイズなので、ほとんどの県にお店があります。健康に良いものを、よく研究して料理にしています。重要な具材は魚です。
เตี๋ยวปลาด๊อกเตอร์5

เตี๋ยวปลาด๊อกเตอร์4

太くて、日本の極太うどんような魚麺。魚の生ぐささも無く、化学調味料、硼砂(ホウサン)、防腐剤などの添加物はもちろん不使用。それでいて、柔らかくておいしいです。スープも絶品。中でも、トムヤムスープは最高です。

とりあえず、おススメの前菜は、煮た魚つみれ。タレがすごいうまいんですよ。デザートには、揚げたアイスクリーム!ぜひ食べてみてください。いろんな味のアイスが入っているパンを揚げています。

値段はノーマルで一杯35バーツ。ピセーッ(大盛り、全部入り)なら、40-45バーツ。営業時間は10.00時~22.00時、月曜日は休み。

『ก๋วยเตี๋ยวปลาทีวีช่อง 3』クイティアオ・プラー・ティーウィーチョン・サーン

เตี๋ยวปลาช่องสาม1
เตี๋ยวปลาช่องสาม2

もう一つ紹介しますのは、大人気のお店です。「ก๋วยเตี๋ยวปลาทีวีช่อง 3クイティアオ・プラー・ティーウィーチョン・サーン」という店名で、26年間も営業してきます。

「ラートプラーウลาดพร้าว」通りを「ダモール・バーンガピเดอะมอลล์บางกะปิ」交差点まで進み、「ハッピーランドแฮปปี้แลนด์」ソイ(小道)を1キロメートルくらい行った左側にお店があります。魚の絵と民放テレビ・チャンネル3のロゴが書いてある看板で判断できます。

ทีวีช่อง 3」というのが、チャンネル3のこと。以前、チャンネル3のある番組でお店を取り上げてくれたことがあり、それがきっかけでお客さんが来るようになって、テレビ局名を店名にしたと店長さんが話していました。有名な番組に認定されるだけあって、味も一級品です。

เตี๋ยวปลาช่องสาม5

こちらでは、新鮮なスズキ系の魚肉を使っています。生ぐささはありません。おススメのスープはトムヤム。本物のトムヤムスープと言ってもいいでしょう。

生唐辛子、乾燥唐辛子、油唐辛子の3種類が入っていて、辛さも三種類、味わえます。タイ料理が好きな人にはたまりません。辛いのが苦手な方でも、こちらのトムヤムだけは一度味わってほしいところです。忘れることができません。

เตี๋ยวปลาช่องสาม6

麺なしを注文して、熱いご飯と食べても、最高です。トムヤムスープなしも注文できます。具材がたっぷりで、ハーブと半熟卵の絶妙なマッチングはたまりません。このほか、煮た魚肉を別に注文するのもおススメ。こちらのタレは辛くないで、外国人にも人気があります。

値段はノーマルで一杯40バーツ。ピセーッ(大盛り、全部入り)なら、50バーツ。営業時間は7.00時~18.00時、年中無休。

タイと言えば屋台、屋台と言えばタイというほどに馴染みの深い屋台文化。街には星の数ほどの無数の屋台がひしめき合い、人々の食欲を満たしてくれている。種類も多岐にわたり、麺、おかずかけご飯、揚げ物、シーフード、菓子など…。その迫力や豊富さには、しばし圧倒されるほど。新企画「タイ人直伝!タイの屋台の基礎知識」では、anngleの若きタイ人ライターが屋台料理の隠れた魅力、種類、注文の仕方、イチ押しの店などを連載で一挙ご紹介!これだけあれば、もう貴方も、タイの屋台通に!(取材・文:プーたろう)

おすすめ関連記事
the giving town
星野リゾート トマム
yonezawashow10
沖縄観光コンベンションビューロー
Chatwork
横浜
レオンテクノロジー
ワッペン堂
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
Tokyu Paradise Park
traveloka