バンコク中心部で食べられる!タイ人おススメのタイの地方料理4選

Sri Trat(シー・トラート)【タイ東部料理】
Sri Trat(シー・トラート)【タイ東部料理】

Gedhawa(ゲッダワー)【北タイ料理】

ゲッダワーとは、北タイ方言で「クチナシの花」という意味。クチナシの花は、北タイの人にとって縁起の良い花とされる。本場の北タイ料理を出すこちらのお店は、まるで友人の家で食事をしているような、堅苦しくない。所謂“サバーイサバーイ(=快適)”な雰囲気の中で食事を楽しめるのが魅力。

オススメの料理は、勿論北タイ料理

例えば、ラーンナー風オードブル(オードゥー・ラーンナー/ออเดิร์ฟล้านนา)(340バーツ)には、北タイでよく食べられるナムプリック(野菜につけたりご飯に載せて食べたりするつけだれ)のナムプリック・ヌムナムプリック・オーン、サイ・ウア(ソーセージ)、ネーム(発酵ソーセージ)、ムーヤーン(焼き豚)、野菜などが載っていて、いろいろな味を楽しめる。

他にも、ゲーンハンレー/แกงฮังเล(北タイのカレー)、カーオソーイ・ガイ/ข้าวซอยไก่(鶏肉入りカレーラーメン)なども忘れずに食べてみて欲しい。

karibtoobさん(@karibtoob)がシェアした投稿

店舗情報
店名:เก็ดถะหวา(Gedhawa/ゲッダワー)
住所:Sukhumvit 35(The EmQuartierの裏)
営業時間:11:00-14:00、17:00-22:00(月~土)
電話番号:02-662-0501

Somtum Der(ソムタム ドゥー)【イサーン(=東北タイ)料理】

ニューヨーク店が2015年にミシュランの星を獲得したソムタム(パパイヤのサラダ)のお店。ホーチミンにも店舗があり、今後北京・東京にも出店予定。

バンコクの店舗はモダンで開放感がある。

Somtum Derのソムタム
Somtum Derのソムタム

こちらで絶対に外せないのは勿論ソムタムである。ソムタムの味付けは、他の一般的なお店と比べて甘過ぎないのが特徴。

ソムタムの他に、もう一品是非試してもらいたいのは、ムー・ローンハイ・ドゥー/หมูร้องไห้เด้อ(95バーツ)という、ココナッツミルクに漬けて柔らかくした豚肉を焼いた料理で、こちらも誰が食べてもリピートしたくなる味だ。

店舗情報
店名:ส้มตำเด้อ (Somtum Der/ソムタム ドゥー)
住所:5/5 Sala Daeng Rd.
最寄駅:BTSサラデーン駅
営業時間:11:00-14:30、16:30-22:30(毎日)
電話番号:02-632-4499

Sri Trat(シー・トラート)【タイ東部料理】

こちらはトラート県からやって来た、タイ東部の本場の味が楽しめるお店。世代から世代へ受け継がれる創作レシピは20を超え、味にも定評がある。

この地方の料理の特徴は、材料にハーブが使われること、カレーペーストの味が濃厚なこと、そして少し甘めの味付けになっていることである。

子持ち蟹を一匹丸ごと使ったココナッツクリーム&ハーブ煮(ロン・プー・カイ・タントゥア/หลนปูไข่ทั้งตัว)
子持ち蟹を一匹丸ごと使ったココナッツクリーム&ハーブ煮(ロン・プー・カイ・タントゥア/หลนปูไข่ทั้งตัว)

是非食べてもらいたいのは、ゲーン・ムー・チャムアン/แกงหมูชะมวง(220バーツ)という、チャムアンという葉を使った豚肉のカレー。濃厚さが程よく、白いご飯との相性は抜群だ。

他にも、ガーリック&チリで味付けしたソフトシェルクラブのフライ(プーニム・トート・グラティアム・プリックタイ/ปูนิ่มทอดกระเทียมพริกไทย、450バーツ)や、子持ち蟹を一匹丸ごと使ったココナッツクリーム&ハーブ煮(ロン・プー・カイ・タントゥア/หลนปูไข่ทั้งตัว、540バーツ)も一緒に食べてみて欲しい。

お店には本格的なカクテルもあり、食事だけではなくお酒も一緒に楽しめるのも魅力の一つだ。

店舗情報
店名:ศรีตราด(Sri Trat/シー・トラート)
住所:Sukhumvit 33
最寄駅:BTSプロンポン駅
営業時間:12:00-23:00(金曜・土曜は12:00-01:00)
定休日:火曜日
電話番号:02-088-0968

Khua Kling + Pak Sod(クア・クリン+パック・ソット)【南タイ料理】

こちらはタイ南部のチュムポーン県から来た、ホームメイドスタイルのタイ南部料理のレストラン。昔ながらのレシピが受け継がれている。

南タイ料理と聞いて最初に思い浮かぶのが、こちらの店名にもなっている「クア・クリン」という、挽き肉をハーブなどのスパイスで炒めた料理、という人もいるほど。

店名にもなっていて看板メニューでもあるクア・クリン(Khua Kling)
店名にもなっていて看板メニューでもあるクア・クリン(Khua Kling)

看板メニューは、やはり店名にもなっているクア・クリン(150バーツ)。粗めの豚挽き肉、豚の軟骨、牛肉から選べる。

他にも、マメ科の植物であるサトーとエビを炒めたサトー・パット・クン(สะตอผัดกุ้ง、180バーツ)や、グネモンという葉と卵を炒めたバイ・リアン・パット・カイ(ใบเหลียงผัดไข่、160バーツ)などもあり、温かい白ご飯と一緒に食べたい。

今バンコクには、プラサーンミット(アソーク周辺)、トンロー、ラーチャクルー(アーリー周辺)の3店舗がある。

店舗情報【プラサーンミット店】
店名:คั่วกลิ้ง(Khua Kling + Pak Sod/クア・クリン+パック・ソット)
住所:21/32 Sukhumvit 29
最寄駅:BTSアソーク駅
営業時間:11:00-22:30(毎日)
電話番号:02-259-5189

店舗情報【ラーチャクルー店】
店名:คั่วกลิ้ง(Khua Kling + Pak Sod/クア・クリン+パック・ソット)
住所:24 soi Phahonyothin 5
最寄駅:BTSアーリー駅
営業時間:11:00-14:30、17:30-21:30(毎日)
電話番号:02-617-2553

店舗情報【トンロー店】
店名:คั่วกลิ้ง(Khua Kling + Pak Sod/クア・クリン+パック・ソット)
住所:98/1 Sukhumvit 53
最寄駅:BTSトンロー駅
営業時間:11:00-14:30、17:30-21:30(毎日)
電話番号:02-185-3977

Source: soimilk

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で