バンコク中心部で食べられる!タイ人おススメのタイの地方料理4選

Sri Trat(シー・トラート)【タイ東部料理】
Sri Trat(シー・トラート)【タイ東部料理】
Last updated:

Gedhawa(ゲッダワー)【北タイ料理】

ゲッダワーとは、北タイ方言で「クチナシの花」という意味。クチナシの花は、北タイの人にとって縁起の良い花とされる。本場の北タイ料理を出すこちらのお店は、まるで友人の家で食事をしているような、堅苦しくない。所謂“サバーイサバーイ(=快適)”な雰囲気の中で食事を楽しめるのが魅力。

オススメの料理は、勿論北タイ料理

例えば、ラーンナー風オードブル(オードゥー・ラーンナー/ออเดิร์ฟล้านนา)(340バーツ)には、北タイでよく食べられるナムプリック(野菜につけたりご飯に載せて食べたりするつけだれ)のナムプリック・ヌムナムプリック・オーン、サイ・ウア(ソーセージ)、ネーム(発酵ソーセージ)、ムーヤーン(焼き豚)、野菜などが載っていて、いろいろな味を楽しめる。

他にも、ゲーンハンレー/แกงฮังเล(北タイのカレー)、カーオソーイ・ガイ/ข้าวซอยไก่(鶏肉入りカレーラーメン)なども忘れずに食べてみて欲しい。

karibtoobさん(@karibtoob)がシェアした投稿

店舗情報
店名:เก็ดถะหวา(Gedhawa/ゲッダワー)
住所:Sukhumvit 35(The EmQuartierの裏)
営業時間:11:00-14:00、17:00-22:00(月~土)
電話番号:02-662-0501

Somtum Der(ソムタム ドゥー)【イサーン(=東北タイ)料理】

ニューヨーク店が2015年にミシュランの星を獲得したソムタム(パパイヤのサラダ)のお店。ホーチミンにも店舗があり、今後北京・東京にも出店予定。

バンコクの店舗はモダンで開放感がある。

Somtum Derのソムタム
Somtum Derのソムタム

こちらで絶対に外せないのは勿論ソムタムである。ソムタムの味付けは、他の一般的なお店と比べて甘過ぎないのが特徴。

ソムタムの他に、もう一品是非試してもらいたいのは、ムー・ローンハイ・ドゥー/หมูร้องไห้เด้อ(95バーツ)という、ココナッツミルクに漬けて柔らかくした豚肉を焼いた料理で、こちらも誰が食べてもリピートしたくなる味だ。

店舗情報
店名:ส้มตำเด้อ (Somtum Der/ソムタム ドゥー)
住所:5/5 Sala Daeng Rd.
最寄駅:BTSサラデーン駅
営業時間:11:00-14:30、16:30-22:30(毎日)
電話番号:02-632-4499

Sri Trat(シー・トラート)【タイ東部料理】

こちらはトラート県からやって来た、タイ東部の本場の味が楽しめるお店。世代から世代へ受け継がれる創作レシピは20を超え、味にも定評がある。

この地方の料理の特徴は、材料にハーブが使われること、カレーペーストの味が濃厚なこと、そして少し甘めの味付けになっていることである。

子持ち蟹を一匹丸ごと使ったココナッツクリーム&ハーブ煮(ロン・プー・カイ・タントゥア/หลนปูไข่ทั้งตัว)
子持ち蟹を一匹丸ごと使ったココナッツクリーム&ハーブ煮(ロン・プー・カイ・タントゥア/หลนปูไข่ทั้งตัว)

是非食べてもらいたいのは、ゲーン・ムー・チャムアン/แกงหมูชะมวง(220バーツ)という、チャムアンという葉を使った豚肉のカレー。濃厚さが程よく、白いご飯との相性は抜群だ。

他にも、ガーリック&チリで味付けしたソフトシェルクラブのフライ(プーニム・トート・グラティアム・プリックタイ/ปูนิ่มทอดกระเทียมพริกไทย、450バーツ)や、子持ち蟹を一匹丸ごと使ったココナッツクリーム&ハーブ煮(ロン・プー・カイ・タントゥア/หลนปูไข่ทั้งตัว、540バーツ)も一緒に食べてみて欲しい。

お店には本格的なカクテルもあり、食事だけではなくお酒も一緒に楽しめるのも魅力の一つだ。

店舗情報
店名:ศรีตราด(Sri Trat/シー・トラート)
住所:Sukhumvit 33
最寄駅:BTSプロンポン駅
営業時間:12:00-23:00(金曜・土曜は12:00-01:00)
定休日:火曜日
電話番号:02-088-0968

Khua Kling + Pak Sod(クア・クリン+パック・ソット)【南タイ料理】

こちらはタイ南部のチュムポーン県から来た、ホームメイドスタイルのタイ南部料理のレストラン。昔ながらのレシピが受け継がれている。

南タイ料理と聞いて最初に思い浮かぶのが、こちらの店名にもなっている「クア・クリン」という、挽き肉をハーブなどのスパイスで炒めた料理、という人もいるほど。

店名にもなっていて看板メニューでもあるクア・クリン(Khua Kling)
店名にもなっていて看板メニューでもあるクア・クリン(Khua Kling)

看板メニューは、やはり店名にもなっているクア・クリン(150バーツ)。粗めの豚挽き肉、豚の軟骨、牛肉から選べる。

他にも、マメ科の植物であるサトーとエビを炒めたサトー・パット・クン(สะตอผัดกุ้ง、180バーツ)や、グネモンという葉と卵を炒めたバイ・リアン・パット・カイ(ใบเหลียงผัดไข่、160バーツ)などもあり、温かい白ご飯と一緒に食べたい。

今バンコクには、プラサーンミット(アソーク周辺)、トンロー、ラーチャクルー(アーリー周辺)の3店舗がある。

店舗情報【プラサーンミット店】
店名:คั่วกลิ้ง(Khua Kling + Pak Sod/クア・クリン+パック・ソット)
住所:21/32 Sukhumvit 29
最寄駅:BTSアソーク駅
営業時間:11:00-22:30(毎日)
電話番号:02-259-5189

店舗情報【ラーチャクルー店】
店名:คั่วกลิ้ง(Khua Kling + Pak Sod/クア・クリン+パック・ソット)
住所:24 soi Phahonyothin 5
最寄駅:BTSアーリー駅
営業時間:11:00-14:30、17:30-21:30(毎日)
電話番号:02-617-2553

店舗情報【トンロー店】
店名:คั่วกลิ้ง(Khua Kling + Pak Sod/クア・クリン+パック・ソット)
住所:98/1 Sukhumvit 53
最寄駅:BTSトンロー駅
営業時間:11:00-14:30、17:30-21:30(毎日)
電話番号:02-185-3977

Source: soimilk

あなたにオススメの3本
バンコクいい店やれる店 〜COCO壱番屋の一人勝ちだったタイの日本式カレー市場に金沢ゴールドカレーが挑戦〜... 日本人の国民食とも言われるラーメンとカレーライス。ラーメンは戦後、カレーライスは明治初期から食べられるようになったといわれ、国民食といわれる割にはその他の日本食と較べ歴史はあまり長くない。タイでも日本食がタイ人向けレストランで食べられるようになって30年程度。...
バンコク発NYスタイルベーグル「BKK Bagel Bakery」 焼き上げると断面はサックリ、ふんわりのベーグルも捨て難いけれど、ここはひとつどっしりもちもちのベーグルもお試しあれ! BTSチットロムの駅前に昨年8月にオープンしたばかりのベーグル専門店、BKK Bagel Bakeryはタイ人とアメリカ人の共同経営で運...
タイで食のアミューズメントパーク?!チョコレート ビレへ行ってみよう!... トリックオアトリート!・・・もう終わったよね。うん、分かってる。そこまで阿呆ではないと思うから。今年のハロウィンは遊びに行けなかったよ!つまらなかったよ!ハロウィン気分だけでも味わいたい!ってことで、チョコレート ビレ(CHOCOLATE VILLE)に行って...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
「子供部屋」付きの、アイスクリームの移動販売用バイク
子育てとアイスクリームの移動販売を両立させる父親