Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

次のタイ飯ブームは鍋!?暑いタイで食べるチムチュム鍋

タイスキではないタイの鍋「チムチュム」
タイスキではないタイの鍋「チムチュム」

日本では、鍋は冬に食べる物という認識が一般的だと思う。

寒い冬に、外から帰って食べる鍋はたまらない!鍋と一緒に飲むお酒はまた格別で、まさに冬の風物詩。では一年中暑いタイで鍋料理はどうかというと、これが意外とイケる。有名店では、COCAやMKやHOTPOT等、観光客でも一度は味わったことのある鍋料理のチェーン店がせめぎあっている。

今回ご紹介するのは、食べ慣れたチェーン店の鍋ではなく、タイは東北地方の鍋料理、「チムチュム」だ。

タイ東北地方の伝統的なお鍋「チムチュム」

チムチュムは、素焼きの土鍋に出汁が濃いめのスープを入れて、炭火で温めながら好きな具材を入れて食べる、なんとも味わい深い鍋なんだ。

具材の中心となるのは野菜。カットなどしていない野菜を手でちぎって豪快に鍋に入れていき、お肉や海鮮や春雨等、好きな具材を入れてグツグツ煮込むだけで出来上がり!

これがチムチュム!
これがチムチュム!

特製つけだれにつけて食べれば、甘辛旨いタイの鍋を堪能することができる。もちろん、辛い物が苦手なお子様や大人達も、タレをつけないでそのまま食べても旨い!これがシンハーやリオ等、タイビールに合うんだ。

チムチュムのオススメ店はここ!

オススメのお店は、ラチャダーピセーク ソイ3のBU PLACEというホテルの向かいにある食堂だけど、バンコクには他にもチムチュムを食べられる屋台や食堂がたくさんあるので、見かけたら是非チャレンジして欲しい。

お店の感じ
お店の感じ

暑いタイで熱い鍋料理を、汗と鼻水を垂らしながら食べるのは最高の贅沢だ。

ちなみにこのチムチュム、出汁が美味しいので、〆にご飯と溶き卵を入れて雑炊にするのが激ウマなんだけど、タイ人はそんな食べ方をしないので、ご飯と溶き卵を鍋に入れると、驚いたタイ人達に注視される。そんなタイ人達の「ちょ…何やってんだよ日本人!」とでも言うかのような視線もアツイ!!!

あなたにオススメの3本
バンコクで最近噂になっているマイポーチ産のオリジナルプリンとは?... バンコクのスカイトレイン・BTSプロンポン駅近くのスクンビット・ソイ33/1。通りの奥にある老舗の日系スーパー「フジスーパー」がリニューアルしたのは先月末のこと。今度は、同じ通りの中ほどに小さなスイーツ店がオープンし、話題になっている。 スクンビット・ソ...
タイ人直伝!タイの屋台の基礎知識 「クイティアオ・イェンターフォー 紅腐乳麺」 種類と注文の仕方... 連載でお伝えしているタイの屋台企画シリーズは、いよいよ今回の「イェンターフォー 紅腐乳麺」が最後。こちらもあまり日本には馴染みの薄いクイティアオ。でも美味しいんですよ。是非、ご賞味ください! イェンターフォーは、鶏か豚骨スープのお店にしかありません。魚の...
日タイ品種を掛けあわせて30年!5種類の奇跡のマンゴー... 日本人が、チェンマイで30年の歳月をかけて、日本の品種とタイ産マンゴーの交配種を重ねて誕生した奇跡のマンゴー。管理・運営する美林開発の西山代表は「農園創業者が道楽ではじめ、20年は失敗の連続でした。ここ10年でようやく納得のいくマンゴーができました。」と語る。...
ライター
よく見られてる一本
11月4日、バンコク市内洪水現場(セントラルラップラオ付近)