アングル
角度を変えてタイからアジアを覗く

ニッポンの味展が開幕。福岡の八女茶、博多ラーメン、福島の桃などが大人気!

日本列島各地の味覚をそろえた食品物産展「テイスト・オブ・ジャパン」が12日、タイ・バンコク中心部にある「セントラル・チットロム」や「セントラル・ワールド」など商業モールで一斉に始まった。来月9日まで。

タイ語で紹介された最高級の伝統本玉露

タイ資本のセントラルグループの主催。
このうち、メーン会場の「セントラル・チットロム」では、福岡県から担当職員らが派遣され、福岡名産の特産品が展示された。

八女市黒木町の古寺・霊厳寺に伝わる高級玉露「八女茶」の試飲コーナも開設(14日まで)。100gあたり最高で6000円もするという「伝統本玉露」が振舞われた。

「伝統本玉露」は、同寺に伝わる栽培法で育てられた限定品。収穫間近となった茶葉の上空に室を構え、稲わらを覆い被せて日光を遮断。20日後に収穫するというもの。これにより、一段と甘味と風味の増した茶葉に仕上がるとい、水で抽出しても、濃厚な味を楽しむことができる。

福岡県の観光冊子

タイ人にも人気の「博多ラーメン」のコーナーもあるほか、福岡名産の「柚子こしょう」、最近人気の出ているというタバスコならぬ「ユズスコ」も出展されている。フルーツ刈り発祥の地にちなんで大粒の巨峰や梨なども陳列。今後、第2便として柿の入荷も予定されているという。

震災時の原発事故に見舞われた福島県からは、名産の桃が事故後、初出荷。大きく実った800個の桃が市価よりも2割程度安く店頭に並べられ、タイ人客らが次々と買い求めていった。

福島県の担当者は「いまさら海外でやれるのかという指摘もあったが、ともかく前に進まないとという思いで出展した。今回は試験販売だが、近いうちのレギュラー販売を目指す」と抱負を語っていた。

綺麗で重みのある桃はタイ人にも人気

このほか、北海道や新潟県、高知県などからも名産品が出展され、各会場で終日、買い物客らごった返した。

会場の様子(Facebookギャラリーページ)
http://bit.ly/Tasteofjapan2012

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で