New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。第11回-フレッシュな酸と甘さの絶妙なバランス

Last updated:

【Sakura Rose Syrah】(サクラ・ロゼ・シラー)生産地:カオヤイ

鮮やかなピンク色の、ちょっとお洒落なロゼ。カオヤイのワイナリー「GranMonte(グランモンテ)」が贈りだした自信ある1本。

シラー100%でつくるロゼは難しいとされる中、伝統的手法を頑ななまでに守り通し、熟成させた。「Sakura」の名は、オーナーの奥さんの実名から。愛妻家の一面を垣間見させる。

ほんのりとした甘さと、まろやかな酸の絶妙なバランス。初々しいフレッシュ感が満載だ。花の咲く休日の昼に、盛り上げてくれそうな代表作といえる。

ソムリエ:Koji Haraからの一口ポイント
フレッシュな酸と適度な甘さがタイ料理全般に合いそう。チリ、ハーブ、ニンニク、ナンプラーなどタイ料理に欠かせない調味料や香辛料とのマッチングが楽しめる。

ソムリエ:Koji Hara
愛知県出身の42歳。2001年ごろからタイと関わるようになり、バンコクでワインバーを経営したことも。ソムリエのほか、日本酒の利き酒師の資格も持つ。HPアドレスは次のとおり。


http://www.bacchusonline.net/

—————————-

新企画「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)の魅力」

ワインの産地は、フランスやイタリアなどの伝統的な南欧州を旧世界「オールドワールド」と呼ぶのに対し、米カリフォルニア、チリ、豪州などの新興国を長らく「新世界」と呼んで区分を明確にしてきた。

ここに近年、新たに加わったのが、「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)」と呼ばれる産地。北緯・南緯ともに30~50度が最適な緯度帯とされてきたワイン醸造で、北緯50度以北のオランダ、デンマーク、ポーランド、北緯13~15度のタイで造られるワインは、かつての常識を超える存在として注目を集めている。

新企画では、新緯度帯ワインの筆頭株、タイ産ワインを紹介していく。

あなたにオススメの3本
AECって言うけれど…。果たして現地調達は可能なのか?「数字で見るタイ事情」その13... 「AECって言うけれど…。」シリーズ4回目。AEC発足の「恩恵」としてよく取り上げられるのが、タイの周辺後進国、ラオス、ミャンマー、カンボジアの3カ国とを結んだ産業モデル。ASEAN加盟後発国の人件費の安いこれら国々に「第2工場」を造り、工業化で先行するタイな...
ミシュランガイドがタイに及ぼす影響 現在タイ料理は世界で広く知られており、受け入れられている。タイ料理の特徴的な味や料理の種類の豊富さ、そして値段の手頃さは外国人観光客をタイに引き寄せる一因となっている事は全く不思議な事ではない。 バンコクミシュランガイドの出版 タイ国政府観光庁(TAT...
タイの中華街で発覚!濃厚なフカヒレスープを最後まで美味しく食べる方法... バンコクのチャイナタウンは中華料理を中心に、フカヒレやツバメの巣を楽しめるお店が沢山並んでいいます。その中でもおすすめしたい店は「興利(ヘンディー)」というフカヒレ料理とつばめの巣料理の専門店。 お店前の雰囲気 目印はこ...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
112回目-バンバンバンコク
第112回 オススメタイ料理!