Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。第8回-すっきりとしたシトラスの香り

Last updated:

【NAGA Thailand/Siam white blemd】(ナガ・タイランド)生産地:ホアヒン

連載第2回の「モンスーンバレー・コロンバール」と同様、ブドウ品種としては珍しいコロンバールを使った1本。これに若干のシュナンブランを加えて仕上げている。

同じサイアムワイナリーの製造だが、NAGAは大衆向け、廉価版としての位置づけ。それでも、さらっとした飲み口は高級品に負けないクオリティを感じさせる。

すっきりとしたシトラス香は、時間とともに、熟れたメロンやマンゴーなどのトロピカルフルーツに似た香りに変化する。まさに「果実を飲む」といった感じに近い。複雑な香りの変化が楽しめる。

ソムリエ:Koji Haraからの一口ポイント
余韻のすっきりとした爽やかさが特徴の白ワイン。タイ料理全般と合うだろう。是非、冷やして味わってみてほしい。低価格ながら完成度の高い1本と言える。カジュアルに飲めるワインと言ってもいいだろう。

ソムリエ:Koji Hara
愛知県出身の42歳。2001年ごろからタイと関わるようになり、バンコクでワインバーを経営したことも。ソムリエのほか、日本酒の利き酒師の資格も持つ。HPアドレスは次のとおり。


http://www.bacchusonline.net/

—————————-

新企画「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)の魅力」

ワインの産地は、フランスやイタリアなどの伝統的な南欧州を旧世界「オールドワールド」と呼ぶのに対し、米カリフォルニア、チリ、豪州などの新興国を長らく「新世界」と呼んで区分を明確にしてきた。

ここに近年、新たに加わったのが、「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)」と呼ばれる産地。北緯・南緯ともに30~50度が最適な緯度帯とされてきたワイン醸造で、北緯50度以北のオランダ、デンマーク、ポーランド、北緯13~15度のタイで造られるワインは、かつての常識を超える存在として注目を集めている。

新企画では、新緯度帯ワインの筆頭株、タイ産ワインを紹介していく。

あなたにオススメの3本
観光客必須!バンコクで人気のリーバサイドレストラン5選... 今回はバンコクの中心を流れるチャオプラヤー川を眺めながら、最高の食事が楽しめる5大リバーサイドレストランをご紹介。 Steve Café & Cuisine 人の集まる通りから離れた静かなレストランとして2012年にオープンにオープンした「Steve ...
タイの実質経済成長率の推移。日米中、主要各国とのデータ比較... タイ国内のエコノミストらが予想した今年、2013年のタイのGDP(国内総生産)の平均伸び率は4.6%で、2012年より若干減速するものの、引き続き高い数値となる見通しであることが分かった。 昨年末に実施されたタイ中央銀行や民間金融機関関係者への聞き取り調...
バンコクBar巡り「注文の出てこない隠れ家Bar」 俺は酒が好きだ!・・・嘘、そんなに好きじゃない。でも、飲む雰囲気は好きだ!バンコクに来てから、定番からちょっと変わったBarまで、様々なBarを踏破したので、気が向いたら「バンコクBar巡り」と称して紹介しようと思う。仕事にデートに男子会に女子会に密会にと、色...
メディア
よく見られてる一本
46回目-バンバンバンコク
第46回 タイのフードコートの使い方