\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。第7回-貫禄ある古木の味わい

Last updated:

【Granmonte The Orient 2009】(グランモンテ・オリエント)生産地:カオヤイ

赤ワイン用ブドウ品種シラーを100%使ったトップグレードの1本。15年あるいはそれ以上の古木から採れたブドウの実のみを厳選、丁寧に仕上げた。

根が地中深くまで達し、地下のミネラルをふんだんに取り込んでいることから、ドライでガッシリとした貫禄ある味わいに。若木の華やかさとは異なった大人の風格を醸し出している。

澄みきったガーネット色は、絨毯などに使われる紫がかった濃い赤色。それだけで落ち着きを感じさせてくれる。フレンチオークとアメリカンオークの新樽を使用して、インパクトの強い仕上がりとなっている。

ソムリエ:Koji Haraからの一口ポイント
ワインだけでも十分世界に通用する質の高い赤ワイン。カカオやコーヒーの香りに加え、酸と果実味の絶妙のバランスは、素直に「美味しい」と喜ぶことができる。シラーを使ったスパイス香から、胡椒を多めにかけたサーロインステーキ、あるいはラムの香草焼きなどとの相性が良さそうだ。

ソムリエ:Koji Hara
愛知県出身の42歳。2001年ごろからタイと関わるようになり、バンコクでワインバーを経営したことも。ソムリエのほか、日本酒の利き酒師の資格も持つ。HPアドレスは次のとおり。


http://www.bacchusonline.net/

—————————-

新企画「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)の魅力」

ワインの産地は、フランスやイタリアなどの伝統的な南欧州を旧世界「オールドワールド」と呼ぶのに対し、米カリフォルニア、チリ、豪州などの新興国を長らく「新世界」と呼んで区分を明確にしてきた。

ここに近年、新たに加わったのが、「New Latitude Wine(新緯度帯ワイン)」と呼ばれる産地。北緯・南緯ともに30~50度が最適な緯度帯とされてきたワイン醸造で、北緯50度以北のオランダ、デンマーク、ポーランド、北緯13~15度のタイで造られるワインは、かつての常識を超える存在として注目を集めている。

新企画では、新緯度帯ワインの筆頭株、タイ産ワインを紹介していく。

こちらの記事どうぞ
AECって言うけれど…。金融機関の与信残高を見る。「数字で見るタイ事情」その14... 海外から投資を行う際、全額を内部留保で賄える企業は、そう多くはない。銀行など金融機関からの融資を受けるケースがほとんどで、タイをはじめ東南アジアでも例外ではない。そこで注目されるのが、こうした民間金融機関が設定する与信枠。回収ができなくなることを想定して、あら...
LexusがDean&Delucaとコラボしたドリンクが期間限定で発売... ニューヨーク発の食材店・カフェを運営する「Dean&Deluca」と、高級車ブランド「Lexus」がタッグを組んだ新シリーズのドリンク『Amazing Melon Series inspired by Lexus』が、Dean&Delucaの各店舗で販売中だ。...
食べる前に熱湯!?タイのフードコートで意外な習慣... サワディーカップ。さかっきーです。 タイに住んで3ヶ月目突入しました!! まだ傘を使ったのは2回だけです、、、w 日本にいた時の習慣で常に折り畳み傘を装備しているのですが、タイではお荷物のようです^^; 今の時期だけかもしれませんが。 今回ご紹介...
創業40年以上の老舗!タイのローカルフード”ガオラオ”を食べるならこのお店「ワタナーパーニッ」... ここのガオラオが一番うまいといっても過言ではない。ソイエカマイは18にあるガオラオが美味しい店「ワタナーパーニッ」。 中華系タイ料理屋さんとして、ローカルのタイ人にかなり人気のある同店、王様も御用達のお墨付きで店内にも写真が飾ってあるほど。 ...
メディア
よく見られてる一本
出典:wherethailand
バンコク爆弾テロ事件 犯人逮捕が難航するもう一つの理由