\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイのオフィス街で日本のたこ焼き屋!アソークの「金のたこ」

きんのタコ
きんのタコ

バンコクのビジネス街に飛び交う威勢のいい日本語・・・

スクムビット21(ソイ・アソーク)といえばビルが立ち並ぶオフィス街。その一角に日本のたこ焼き屋台を見つけました。

店員の方も日本語で「らっしゃいらっしゃーい!」と威勢良く声を上げています。思わず「なぜここでたこ焼き屋をされているのですか?」と声をかけてみました。すると店員さんがおっしゃるには、シーロムに本店がある「金のたこ」がトライアル的にこちらでも屋台を始めてみたとのことです。

タイ人はソースとマヨネーズが大好き?

chourihuukei

タイ人のビジネスマンたちも日本のたこ焼きに興味津津。売れ行きはなかなか好調のよう。意外にもタイ人は日本のソースとマヨネーズが大好きで、それらのコンビネーションに目がないのだとか。お値段は4個で50バーツ。少し少なめの量が間食の多いタイ人にも手軽に買いやすいのかも。

gaikan

オーソドックスな「焼いた」たこ焼き

こちらのたこ焼きのこだわりは、今はやりの「揚げたこ焼き」ではなくオーソドックスな日本の「焼いた」たこ焼きであること。なので熱いうちにお召し上がりいただくのが鉄則! 外はカリっと中はふんわりの、懐かしい食感が楽しめます。

kansei

しかし常夏のタイでは熱いうちに食べるというこだわりがないのか、あえて冷めたものをオーダーしてくる方もいるそう。なかなか日本の心はタイでは伝わりにくいようです!?

nakami

「金のたこ」の本店はシーロムのSoi Surawong-center にあるとのこと。こちらではイートインスペースもありその場ですぐいただくことができます。

silom

yoru

アソークの屋台はスクムビット21(ソイ・アソーク)。MRTスクムビット駅1番出口を背にしてまっすぐ5分ほど歩くと左手にあります。
tel:098-436-2610
※平日11:00~14:00/17:00~19:00 土日祝はお休み

オススメ記事
日本の食材で創作タイ料理を!「Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN」特別版がバンコクで開催!... 日本人にも馴染みの深いタイ料理を通じて日本各地の地域興しを図ろうという取り組み「食の地域活性化×国際文化交流プロジェクト」の「特別版バンコク開催」が2日、バンコク・シーロムにある健...
タイ人直伝!タイの屋台の基礎知識 「クイティアオ」 屋台麺の種類... 前回から始まった「屋台企画」クイティアオ編。米粉で作るタイ麺の歴史も分かったところで、今回は、数ある種類のお話――。 豚骨スープ麺 「クイティアオ・ムー」 最も一般...
New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。最終回-リッチで膨らみのあるボディ... 【2011 Viognier Granmonte】(ヴィオニエ・グランモンテ)生産地:カオヤイ タイ産ワインの存在を本場フランスの関係者に知らしめたクオリティー高い出来栄えの...
よく見られてる一本
80回目-バンバンバンコク
第80回 タイでよく見る”ピーター”って誰のこと!?