in ,

有名アロマブランド カルマカメットのお洒落ダイナー【後編】

有名アロマブランド『カルマカメット』のお洒落ダイナー
有名アロマブランド『カルマカメット』のお洒落ダイナー

タイのリゾート島、サムイのホテル

数年前、タイのリゾート地、サムイ島を訪れた際、カルマカメットが運営するホテルがあると聞き、見に行ったことがある。当時は“Karmakamet Aromatic Hotel ”という名前だったけど、今は“The Scent Hotel”に名前が変わった様。

やはりアンティーク風インテリアの小さなブティックホテルで、プールを囲んで2階建ての建物がコの字型に建っていたっけ。ビーチリゾートなのにどこか寂しげなのが印象的だった。

その雰囲気が今回ご紹介しているカルマカメットダイナーにもしっかり反映されていて、入った瞬間に懐かしさを感じてしまったのも、ここを気に入っている理由のひとつかな(ちなみにレストランの中に寝室をイメージしたコーナーがあるんだけど、それってまさにサムイのホテルみたい)。

[one_half]karmakamet_02_02[/one_half] [one_half_last]karmakamet_02_01[/one_half_last]

インテリアのコンセプトは漢方薬局!?

カルマカメットダイナーのインテリアはとくかく見どころ満載。壁一面に小さな引出しがあるのは、オールドチャイナタウンの漢方薬局からインスパイアされたもの。

昔の学校をイメージしたテーブルや椅子、アロマオイルの加工工場みたいな天井には花びらを大量に積めこんだ袋がぶらさっがてる。ハーブと花の鉢植えが無造作に置かれたガーデンエリア、錆びついた鉄の扉や古い木材、グラスやコースターも全てオリジナルで、そのどれを見ても手抜きの無いこだわりが感じられます。

[one_half]karmakamet_02_044[/one_half] [one_half_last]karmakamet_02_03[/one_half_last]

カルマカメットダイナーお勧めメニュー

朝~昼と夜でメニューが変わりますが、美味しいと思ったのはフレンチトースト、パンケーキ(ベーコンなどと食べるアメリカンスタイル)、トマトソースと3種のチーズのペンネパスタ、カニ肉とイクラのパスタなど。

あとデザート全般、デコレーションが美しく、かつ美味しいんだけど、中でも綿あめ(コットンキャンディー)がお皿に乗ってるデコレーションは秀逸。食事もデザートも“アロマ”を意識したレシピで、スパイスやハーブをうまく利用しています。

先日行った時はタイのファッションデザイナー達が集まって会食してたっけ・・・新しい店に飛びついてはすぐに飽きるタイのハイソーやセレブだけど、ここはしばらく人気が続きそう。

フルーツトースト
フルーツトースト

KarmaKamet Diner  リンクwww.karmakamet.co.th/
場所 スクムビット・ソイ24
最寄り駅 BTSプロンポン徒歩3分
TEL 0-2262-0700
営業時間 9:00~23:00(無休)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by 石川 朋子

石川 朋子

バンコクで働くワーキングママの日常コラム。仕事のこと、子供のこと、出会った人やモノ、旅・・・東南アジアとはいえ、タイ・バンコクは大都会。東京並みに刺激の多いアーバンライフをお届けします。

anngle新連載のお知らせ

【お知らせ】連載コラム「ママライターのバンコクライフ」スタート

バンコクは比較的安価で白バイ誘導サービスをうけられる

タイなら誰でも5万円から!世界のVIP御用達の白バイ先導サービス