アングル
角度を変えてタイからアジアを覗く

さらに深い日本の食文化を海外へ!B級グルメイベント「JAPAN FOOD CULTURE FESTIVAL 2013」が開催中!

「もう一つの日本食」を紹介するB級グルメイベント「JAPAN FOOD CULTURE FESTIVAL 2013」がバンコク中心部の商業施設ゲートウェイ・エカマイで開かれている。2月10日まで。

イベントに集まったタイ人客

新鮮な魚介類を使った豪華寿司や濃厚なスープが売り物のラーメンばかりが日本食文化ではないと、列島各地のB級ご当地グルメを一同に集め紹介することを目的とした今回のイベント。北は東北から南は九州まで「B-1グランプリ」で勝ち上がった有名処ばかり19店が出店をしている。

出店したB級グルメのオーナーたち

出店しているのは、富士宮やきそば(静岡県富士宮市)、めいほう鶏ちゃん(岐阜県郡上市)、横手やきそば(秋田県横手市)、今治焼豚玉子飯(愛媛県今治市)、津山ホルモンうどん(岡山県津山市)、勝浦タンタンメン(千葉県勝浦市)など、いずれも各地で根強い人気のあるご当地グルメ。親しみやすい店構えで、タイ人客らを相手に本場の味を振舞っている。

仮設店舗の外観 めいほう鶏ちゃん研究会 柔らかさのレベルが違う鶏ちゃんの鶏肉

イベントは日本の経済産業省が推進するクール・ジャパン戦略推進事業の一環。日本全国の飲食店ネットワークを持つ「ぐるなび」や「ご当地グルメでまちおこしの祭典! B-1グランプリ」を主催する「愛Bリーグ」が協賛する特別企画で、タイでは初めて。前半戦は予想以上の盛況に沸いた。

紙質、デザインも鮮麗されたフライヤー
紙質、デザインも鮮麗されたフライヤー
ゲートウェイ・エカマイ前ののぼり
ゲートウェイ・エカマイ前ののぼり

昨年7月のオープン以来、集客数の面で今一歩とされるゲートウェイ・エカマイを会場とした今回のイベント。そうした意味でも注目を集めている。頑張れ、ゲートウェイ!

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で