月の売上10万バーツ超え!爆盛りクイッティアオ屋さんに客が殺到

爆盛りクイティアオ グルメ

パヤオ県のチェンカム郡にある爆盛りクイッティアオ屋さんに客が殺到、1ヵ月の売上は10万バーツを超える。

2018年4月4日、取材班はパヤオ県チェンカム郡ユアン区にある「クイッティアオトムヤムグードゥアットチャームヤック(グードゥアット爆盛りトムヤムラーメン)」を訪れた。現在店の売上は絶好調、店には噂を聞きつけた客がこれでもかとばかりに押しかけている。

この店オリジナルの特製スープは全部で3種類、 ナムサイスープ(あっさりスープ)、ナムトックスープ(豚の血のスープ)、そしてトムヤムスープからスープを選べる。また、この店の一番の目玉となっているのが爆盛りのクイッティアオである。スープは2種類から選び、家族や友達とシェアして食べるのが人気である。

オーナーのアイデア

この店のオーナーであるラリター・リライモンデチャーさんが取材班に語った内容によると、ここでクイッティアオの店を開こうと思ったきっかけは、まだこの地域にこのようなスタイルのお店が存在していなかった事だという。この地域に住む人たちにより良いものを食べて欲しい、美味しくてクオリティが高い食べ物を手軽に食べられる場所を、そう思いこの店の特別メニューであるクイッティアオグードゥアットトムヤムヤックを思いついたという。

値段は一杯279バーツ(約957バーツ)で4-5人分の量がある。器は鶏の絵が描かれた特別サイズのものを用い、スープはトムヤムスープ、トムヤムナムコンスープ(ココナッツミルク入りトムヤムスープ)の二種類から選べる。二人以下で来た場合にも普通のサイズで一杯35バーツ(約120円)、大盛40バーツ(約137円)を提供している。他にも軟骨茹でや鶏足入りトムセープ(スパイシースープ)、豚の半茹でがそれぞれ60バーツ(約205円)。毎日新鮮で、質の良い豚を選別し仕入れている。

爆盛りトムヤムラーメンの場合、麺の種類はセンレック(細麺)センミーカーオ、バミー、センヤイ(太麺)、ミーカイ(卵麺)、ミーソット(生麺)、ウンセン(春雨)、ママーの7種類から選べ、トッピングはモヤシ、豚肉、豚のルクチン、豚のかまぼこがあります。店オリジナルのマイルドな熱々のトムヤムスープをかけて完成。

同時に5人まで食べることができ、お客さんから好評を得ている。一日あたり80〜100杯の売り上げで、一ヵ月10万バーツ以上の売り上げがあるとのことである。

営業時間:毎日午前9時~午後8時まで
住所:パヤオ県チェンカム郡ユアン地区364ー2 チェンカム農業開発商業銀行の反対側。 又は、ラリター・リライモンデチャー(09-7490-919)まで直接ご連絡を。

https://news.mthai.com
http://www.komchadluek.net

おすすめ関連記事
Chatwork
the giving town
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
Tokyu Paradise Park
レオンテクノロジー
traveloka
星野リゾート トマム
ワッペン堂
yonezawashow10
沖縄観光コンベンションビューロー
横浜