\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

ところ変われば色も変わる 第9回 小物選びはプラスマイナスで考える

Last updated:

強い紫外線の影響から「独自」の進化を遂げたタイのカラー文化。最前線を行くMichiko Taokaからの報告

靴とバッグ、ベルトなどの小物は、できるだけ黒系なら黒系、茶系なら茶系と色を揃えるのが基本です。靴が茶系なのにバッグが黒だったりその逆だったりすると、いかにも野暮ったく見えてしまいます。

ただし、明るい色を使う場合は要注意。必ずしも同系色で揃えるのが正解とは限りません。上下を地味なモノトーンでまとめて、バッグと靴だけポイントカラーというコーディネートはアリです。

とはいえ、実際にド派手な色をあわせてみると、靴とバッグだけが全身から浮いてみえる、なんてことがあります。そんなときは、バッグか靴かどちらか一方にだけ色を取り入れ、もう片方は服と同系色のベースカラーをもってきましょう。

色のマイナスをして、バランスを調整することを試してみてください。

どんなに派手な色を使ってもハズさないポイントは、バッグの色と洋服の色をどこか一か所でも同じにするとバランスがよくなります。極端な話、トップスの縁取りとバッグの色を同じにするだけでも統一感がアップして、まとまりのあるコーディネートになります。

反対に洋服がカラフルなら、バッグや靴は控えめに。小物でさらに色をプラスしてしまうと、ガチャガチャとした、うるさい印象になりがちです。

また、同じ黒い小物をプラスするのでも、素材が皮なのか布なのか、光沢があるのか、つや消しなのかで印象が大きく変わります。色みは抑えたいけど、ちょっと派手さをプラスしたいと思ったら、ラメやスパンコールなど、キラキラ素材をあしらった小物を加えてみるのもGOOD。

服とのバランスを考え、足し算すべきか、引き算すべきかを考える。これが小物を選ぶときの鉄則です。

町でいろんな人のファッションを見ていると、全身ベースカラー(黒・紺・茶・白・グレーなど)でコーディネートしている人が結構います。黒やグレーの洋服に、バッグや靴も黒。町にはビビットな色が溢れているのに、色みがないと存在が沈んでしまいます。

ふだん地味な色ばかり選んでいるなと思ったら、小物で色を足す「プラスの発想」を。逆に、クローゼットのなかに色が溢れている人は、「マイナスの発想」を意識して、色の足し算と引き算をうまく使い分けてみるといいですよ。

こちらの記事どうぞ
お伽の国から「サワディーカー!」。絵本から飛び出したカバンが今、大人気!... おやおや、まるで、お伽の国か、絵本の国から飛び出てきたような可愛らしいカバンたちですね。 ここは、バンコク北部、チャトチャック公園西側に位置する商業施設「JJ GREEN」。カメラ関係の小物を取り揃えた「PowPow Toy Camera and Gad...
世界中のアパレルバイヤーが買い付けに来るお店 昨今はMADE IN CHINAにとってかわられた感があるが、一昔前まではアパレル生産の一大拠点であったタイランド。バンコク郊外では人件費が合わなくなった今日でも、一部の有名ブランドはタイ/カンボジア国境エリアへ生産拠点を移して頑張っています。 工場があ...
安くて腕も確かなネイルサロンが移転 タラートオンヌット、突如閉鎖で移転 以前伝えした、安くても腕が確かなお店、「Nail Station」ですが、タラートオンヌット突然の閉鎖により移転となりました。今回は、友人がネイルをしたいとの事だったので、このお店に連れて行き、ネイルを実際にしてもらった時...
東京のギャルファッションがバンコクに!TOKYO GALS FESTIVAL in TERMINAL 21ミニレポ... 3月25日、昨年の洪水騒動で延期になっていた「TOKYO GALS FESTIVAL2011」が場所を新たにアソークのTERMINAL21で開催されました。 総勢20名以上のタイ在住のモデル、そして、日本から5名のプロのファッションモデルを招き、スポーツ...
メディア
よく見られてる一本
お寿司
タイ駐在員が接待で使う有名日本料理店10選+1