Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

ところ変われば色も変わる 第8回 オシャレの第一歩は「ベースカラー+明るい色」

Last updated:

強い紫外線の影響から「独自」の進化を遂げたタイのカラー文化。最前線を行くMichiko Taokaからの報告

色の着こなし術をマスターするには、トライ&エラーは避けて通れません。とはいえ、いきなりスーツの色をガラリと変えましょうなんてムチャは申しません。

料理の味付けをするとき、いきなりドバっと塩コショウを入れないのと一緒。味をみながら少量ずつ加えていくように、色も鏡で確認しながらちょっとずつ足し、段階を踏んで使える色数を増やしていきましょう。

第一のステップは、ベースカラー(黒・紺・茶・グレー・ベージュ・白)に差し色として、明るくあざやかな色を1色プラスしてみること。ここで問題になるのが、「どんな色をどれぐらい足すか」です。

まずは色。もっともハズレが少ない選び方はまずは自分の勝負カラーを知ることですが、気分や好みにあった色をセレクトする方法がおススメ。さらにおススメなのは、いくつかある流行色のなかから、自分に似合う色をピックアップするやり方です。

次に、色を足す分量。全身を100%とすると、プラスする分量は5から15%程度と控えめにするのがコツです。どれぐらいかわからない、という人もいるかもしれませんが、そこはファジーにだいたいでOK。

目安としては、5%ならネックレスやスカーフなど、本当にちょっとしたモノ。10%はレギンスやバッグなど。いずれにしても服そのものというより、プラスアルファで身に着けるものが中心になります10から15%になると、ジャケットの下からのぞくインナーなども加わってきます。

この程度の分量だと、「ちょっと派手すぎるかな」と感じるぐらい鮮やかな色をもってきても大丈夫。じゅうぶん全体のバランスは保てます。

最近はファストファッションなどで、カラフルなアイテムがプチプライスで買えますので、そうしたショップを利用して、ぜひ、「これまで身に着けたことがない色に挑戦する!」くらいの心意気で、初めの一歩を大胆に踏み出してみてください。

あなたにオススメの3本
タイOLの整形事情 犬も歩けばクリニックにあたる タイを旅したことのある人の中には、夜のお姉さんたちやニューハーフショーで美しい女性たちを見たことがある人もいると思います。そういう業界で働く女性の中には美を追求し、何らかの施術を受けている人も少なくない、といいます。 しか...
日本を代表するセレクトストアBEAMSがタイに本格進出... 日本で人気セレクトショップ「BEAMS」が2015年3月27日、タイのバンコクにオープンします。 期間限定ショップからの本格的なタイ進出 同社は2014年にSiam Paragon(サイアム・パラゴン)で期間限定でテスト店舗を出店、100日間の徹底した...
猛暑対策!?奇抜すぎる最近のバンコクファッション... 最近、猛暑が続くタイのバンコク。そんな中でBTS(高架鉄道)のエスカレーターで撮った1枚の写真が話題になっている。 斬新すぎる猛暑ファッション!? その画像にはタイ人らしき女性の後ろ姿が写っています。 一見普通に見える画像ですが下半身を見てみると...
メディア
よく見られてる一本
タイでグラブタクシーを試す
話題のグラブタクシーをタイで試乗してわかったこと